社民党の阿部知子政審会長は28日のフジテレビの番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「(連立)離脱はカードとして使うべきではないが、局面によってはあり得る」と述べ、結論次第で連立政権から離脱する可能性に言及した。
 阿部氏はこれまで、昨年12月に連立離脱を示唆した福島瑞穂党首を批判してきた経緯がある。ただ、阿部氏は「現実に(県内移設を)行わせないために、閣内にいて精いっぱい頑張ることもあると思う」とも語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

信楽透器 電球の光ほんのり通す 特許と商標出願中(毎日新聞)
小5長男の首絞め重体、容疑の母親逮捕(読売新聞)
平野官房長官と国民新・下地氏が普天間移設めぐり協議(産経新聞)
<嵐電>みやびな「京紫」色の車両公開 100周年でお色直し(毎日新聞)
努力足りないのは国会議員=信頼感の全国調査-中央調査社(時事通信)