鳩山由紀夫首相は21日、菅直人副総理兼財務相と首相官邸で会談し、現在の経済情勢について協議した。欧州の信用不安を背景に急速に進んだ円高や株価急落など金融市場の不安定化を受け、対応を検討するとみられる。
 また、日銀は21日の金融政策決定会合で、金融市場の不安定化が景気に与える影響などを議論したとみられ、会談では政府・日銀が一体となった対応策も検討されそうだ。
 これに関連し、平野博文官房長官は21日の定例会見で、「株安や為替の問題は政府として常に注視しなければならない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

自民党 青木幹雄氏、参院選出馬を断念 軽い脳梗塞で入院(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎牛 希望のエース級種牛6頭 元気に過ごす(毎日新聞)
GDP年4.9%増=4期連続プラス成長―1~3月期(時事通信)
大阪高裁元職員が非弁活動、近く地検特捜部聴取(産経新聞)
政府・民主マニフェスト意見交換会 消費税、溝くっきり(産経新聞)