鳩山首相は12日午前、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題の決着期限について、「5月末というのは首相としての国民への約束だから、私としてできる限りのことはする」と述べ、「5月決着」の実現のため、最後まで努力する姿勢を強調した。

 「最低でも県外」とした昨年の衆院選での発言は公約ではないと述べたことについては、「公約とか公約ではないとかいうことにかかわらず、選挙の時に国民に申し上げたことは事実だから、その事実の重さを受け止めながら、今、行動している」と語った。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

千葉・医療再生の序章(下) ―地域医療を街づくりへ(医療介護CBニュース)
小沢氏、参院選への意気込み語る「マスコミの予想が外れるよう全力で頑張る」(産経新聞)
春の叙勲 皇居で大綬章授与式(毎日新聞)
<普天間移設>防衛相、沖縄知事と会談 政府案の理解求める(毎日新聞)
<市民後見人>支援・養成の自治体7% 取り組みに差(毎日新聞)