2007年02月17日

やきいも食べた

ボスから修論梗概のチェックが戻ってきました。
案の定、図を増やして文をシンプルにしろ、との指示。
うちのボスは研究者というよりあくまでデザイナーなので、
とにかくビジュアル!図解!という主義の人なので。
多分本論のうち、歴史の部分は読んでないとみた。
これ以上シンプルにしたら、極めて表層的なことしか書けないんですけど…
オレの関心はもっぱらそこなのになあ。

◇◇◇◇◇

本郷に箱の家オープンハウスに行く。
実は今まで「箱の家」を一つも見たことがありませんでね。
一通り全体を見て、難波先生にご挨拶。
卒計前に宮本で会ったとき名前覚えられてて驚愕したが、
流石にもう「どこかで会ったよな?」と言われる程度になってました。
ええ、数日前の修論発表ですw

木を薄く白く塗るのっていいなあ。
うちは父親の趣味というか、木が明るい茶色なんだよね。
焦げ茶ならともかく、黄色っぽい木の色嫌いなんだよなーオレ。

建築家に家を頼むのってやっぱり暮らし方が見えている人じゃないと無理なんだろう、
と子供部屋?を見ながら考えた。
一般的な建売住宅で育った人にはそういうイマジネーションが難しいのではないかと。
あれだけ親とツーツーの空間って10歳過ぎると子供が耐えられ無そうだけど
親の立場としては良さそう。

しかし床暖房ってのは強力だなあ。

◇◇◇◇◇

その後東京国立博物館に中国の悠久の美展に。
平成館って誰の設計?
表慶館が片山東熊なのは忘れてました…

中国の古い青銅器はマヤちっくだという印象だったんですが
やはり時代が変わると違うスタイルがあるんだねえ。

ガリバーみたいな死人を包む玉の服?が面白かった。
玉と玉を結ぶ黄金の針金の処理(ぐるぐる巻き)が。


谷口Jr館の前の梅がきれいでした。



その後東京文化会館のロビーに初めて入る。
東京文化会館の軒だか庇だかってすげー分厚いんだと思ってたんだけど、
ナナメに立ち上がってるとこは壁なんだね…


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/i2j/50907004
この記事へのコメント
> やきいも食べた

噴水の近くで……ですか?(^^;)
Posted by ter*tti at 2007年02月17日 21:50
噴水…噴水あったっけ?
まあでも多分その辺。屋台というか車のやつ。
Sサイズ(といってもそれなりに大きい)200円って随分良心的な価格で驚いた。
Posted by ぶど at 2007年02月17日 22:02