墨田区本所の能勢妙見山別院で15日、修行僧10人が国家安泰と天下泰平を祈願して頭から冷水をかぶる「水ごりの荒行」に挑戦した。

 昭和27年から毎年、釈迦の命日とされるこの日に行われている伝統行事で、100日間の厳しい修行を終えた僧たちが行うもの。

 冷たい雨が降りしきる中、太鼓の音に導かれ僧たちが境内に登場。ふんどし姿になってお経を唱えると、「さぁーっ」というかけ声とともにおけにくんだ水を7回頭からかぶり、身を清めていた。

北海道教組の資金、小林氏陣営が別口座で管理(読売新聞)
<盗撮容疑>警視庁の巡査長を書類送検(毎日新聞)
岡田外相「ぶら下がり取材」廃止 記者クラブが押し切られる(J-CASTニュース)
反捕鯨団体船長、日本船に侵入=水上スキーで接近-南極海で(時事通信)
ワクチン一本化 新型インフル 季節性と混合(産経新聞)