保護責任者遺棄致死罪などで起訴された元俳優・押尾学被告(31)に合成麻薬MDMAを譲渡したとして麻薬取締法違反(譲渡)に問われたネット販売業泉田勇介被告(31)に対し、東京地裁は12日、懲役1年(求刑・懲役1年6月)の実刑判決を言い渡した。

 田村政喜裁判官は「押尾被告から執拗(しつよう)な要求があったにせよ、違法薬物の害悪を拡散させた責任は軽くない」と述べた。

 判決によると、泉田被告は昨年7月31日、東京・六本木のマンションで押尾被告に合成麻薬約10錠を譲り渡した。

 押尾被告はこのマンションで昨年8月2日、合成麻薬を服用して容体が急変した女性に救護措置を取らずに死なせたなどとして起訴された。現在、公判前整理手続きが進められており、女性への合成麻薬の譲渡や保護責任者遺棄致死罪について無罪を主張している。

<岡田外相>「沖縄の人を欺く結果に」密約問題で答弁(毎日新聞)
「ニット議会」で気分も晴れやか=山形県山辺町〔地域〕(時事通信)
温室ガス総量規制が軸、原発推進明記…基本法案(読売新聞)
札幌7人焼死 用途変えず開業か 防火審査の機逸す(毎日新聞)
両陛下、愛子さまに気遣い…関係児童にも配慮(読売新聞)