兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故(05年4月)で、神戸第1検察審査会は26日、神戸地検が不起訴としたJR西日本歴代社長の井手正敬(74)▽南谷昌二郎(68)▽垣内剛(65)の3氏について、業務上過失致死傷罪で「起訴議決」したと公表した。改正検察審査会法に基づき今後、神戸地裁が指定する弁護士が検察官役となり、3人を強制的に起訴する。元常務鉄道本部長の山崎正夫前社長(66)は同罪で既に地検が起訴しており、乗客106人が犠牲になったJR西史上最大の惨事は、社長経験者4人が刑事責任を問われる事態となった。【吉川雄策】

【関連ニュース】
外壁材落下:重さ4キロ、強風で? 北九州市の高架橋
「日勤教育」訴訟:JR西の上告棄却 賠償命令が確定
山陽新幹線:「のぞみ」で異音 6本で最長約40分の遅れ
「のぞみ」発煙:歯車箱の破損は部品脱落が原因
のぞみトラブル:オイル漏れ感知せず

民主、生方副幹事長を解任 辞任拒否で“粛清”「動き出てくる」?(産経新聞)
特定看護師の制度化に向け来年度から検討を(医療介護CBニュース)
移設先、陸・空分離は受け入れ困難…米司令官(読売新聞)
桑田真澄さん 早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)
工事現場に男性遺体=遺棄容疑で20歳男逮捕-茨城県警(時事通信)