がんが恐ろしいのはその増殖力です。
しかも血流にのって全身のどんな場所にでも根を張ります。
そして無限に増殖を始め、やがては元々の主人を殺してしまう。
一日に5千個のがん細胞が生まれているそうですが、健康ならがんは発症しません。
免疫系ががん細胞を殺してしまうからです。
それがいつのころからか、がん細胞は免疫系から攻撃を受けなくなります。
こうなると全身に転移することになります。
免疫系が元気であればこうした事態は防げます。
再発や転移がなく局所的であるならば、肺がんをはじめとするがんは、怖い病気ではありません。
がん再発や転移は免疫活性化で未然に防げます。

⇒ 再発や転移のない健康体になる井上俊彦の食事療法