奈良県大和郡山市で2003年9月、逃走車両に警察官が発砲し、助手席の男性=当時(28)=が死亡した問題で、奈良地裁が発砲にかかわった警察官4人のうち2人を特別公務員暴行陵虐致死罪などで審判に付す決定をしたことが15日、分かった。遺族側弁護人が明らかにした。決定は14日付。
 決定書などによると、警察官2人は03年9月10日夜、大和郡山市の国道で、制止を無視してパトカーに衝突を繰り返すなどして逃走した男性らの車に発砲。助手席に乗っていた男性の首などに2発を命中させ、死亡させた。車は別の男性=窃盗罪などで実刑確定=が運転していた。
 付審判請求は、公務員職権乱用などの罪について不起訴処分に不服がある場合、裁判を行うことを裁判所に請求できる制度。付審判決定は起訴と同一とみなされる。
 母親は03年11月、奈良地検に警察官らを告訴したが、不起訴処分とされたため、06年1月、付審判請求をしていた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
村本さん、左斜め前から銃撃か=流れ弾の可能性
裁判員対象除外を申請=暴力団幹部の爆発物事件
北九州市を警察庁長官が視察=市長と会談、捜査員激励
マンションにも弾痕=組幹部出入り、抗争警戒

外国人参政権、慎重に=直嶋経産相(時事通信)
次代に伝える刑事魂 元警視庁捜査1課長、久保正行さんが本出版(産経新聞)
<歯科医師>自民離れ 党員4分の1に 埼玉の政治団体(毎日新聞)
「概算要求で個別提言できれば望ましい」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)
<野口聡一さん>誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼(毎日新聞)