18日午後1時50分ごろ、東京メトロ東西線原木中山駅で、中野発西船橋行きの下り普通電車(10両編成)が誤って快速電車の通過する線路に進入した。運転士が気付いて電車を停止させたが客を降ろすことができず、そのまま同駅を通過した。この電車には乗客約280人が乗っており、東京メトロは、このうち約20人が同駅で降りられなかったと推定している。
 東京メトロによると、男性車掌(29)が勘違いし、手前の行徳駅で列車種別を「回送」に変更。その影響で、原木中山駅に進入する際の線路のポイントが、快速電車側に切り替わったという。 

警官を車で引きずり逃走 殺人未遂などで捜査 警視庁(産経新聞)
<口蹄疫>大分、鹿児島両県で種牛などの移動を検討(毎日新聞)
振り込め詐欺、4月は27%減=「おれおれ」は増加―警察庁(時事通信)
<普天間>協議継続で一致 日米外務・防衛の審議官級協議(毎日新聞)
<三島由紀夫賞>東浩紀「クォンタム・ファミリーズ」が受賞(毎日新聞)