一般公募#01/ギズモン
タイトル:夜間電話受付
作者:Naoki Fujimoto(STUDIO F+)
機材/アプリ:iPhone 3GS、ReelDirector、CinemaFXV
解説:撮影中、何度も椅子に座って回転したため、途中で気分が悪くなり、動けなくなりました。。白黒フィルムの映像を意識した映像に仕上げました。iPhone 3GSのカメラとアプリだけで作品を仕上げることができ、その使用感に驚いています。

一般公募#02/フォーカルポイントコンピューター
タイトル:寅さんを訪ねて
作者:あ〜る
機材/アプリ:iPhone 3GS、iPhone Camera、ReelDirector
解説:柴又で寅さん(渥美清さん)に縁の場所を訪ねてきました

一般公募#03/トリニティ
タイトル:コロナビール
作者:蓮池良介
機材/アプリ:iPhone 3GS、sony vegas
解説:僕が所属するrens.というバンドのPVです。
バンド内でPVをつくりたいね、ということになり、買ったばかりのiphoneのビデオ撮影機能を使ってみました。三脚にiphoneを固定して撮影して、ポラロイド風のイメージでPCで加工していきました。

一般公募#04/イザワオプト
タイトル:ドキムネ 〜「もっとして。」〜
作者:大貫アイ
機材/アプリ:iPhone 3GS、iMovie '09、Tweetie
解説:Twitter に投稿した妄想を2年経った今になって映像化。iPhone のカメラでは夜間の光量とバッテリー残量にかなり気を使いました。

一般公募#05/アクト・ツー
タイトル:La Commedia The Short
作者:クルミンシタ
機材/アプリ:iPhone 3GS、ReelDirector
解説:自主制作の20分作品「La Commedia」の短縮版です。野の花、空の鳥を見た男が赤い風船をつけて走ります。

一般公募#06/ベルキン
タイトル:dropman
作者:内田裕基
機材/アプリ:iPhone 3GS
解説:恋に落ちる男の話。

以上が一般公募作品でした。そしてお次は招待作品。「さすが!」と唸る作品勢揃いです。

招待作品#01
タイトル:俳句ムービー#1 八月の東京といふ故郷かな
作者:池田美樹
機材/アプリ:iPhone 4、ReelDirector
解説:「俳句ムービー」は自作の俳句をショートムービーで表現するという活動です。まったく撮影の経験はなかったのですが、iPhone4に買い換えたことをきっかけに手探りで作り始めました。これが生まれて初めてのムービー作品です。
如月美樹は私の俳人名で、作句歴はそろそろ15年。歳時記に作品が掲載されていたりもします。俳句の表す世界観がなかなかわかってもらえないというジレンマがあり、どう伝えればいいかずっと模索していました。ショートムービーはそのひとつの解だと感じています。
「八月の東京といふ故郷かな」という俳句は1999年に作ったもの。昔の俳句をムービーに仕立てるというのは、その頃の自分とふたたび出会う作業でもありました。
「俳句ムービー」は現在4作品あり、今後も続けていくつもりです。私にムービーの魅力を教えてくれた@KEN3TVさんと@hapi3さんに感謝!

招待作品#02
タイトル:iPhone Bullet Time
作者:田中紘治
機材/アプリ:iPhone 3GS × 最大9台、Final Cut Pro
解説:iPhone 3GSのカメラで作った「マトリックス」みたいなバレットタイム動画です。
撮影は5?9名のiPhoneユーザーに協力してもらいました。人物が空中で静止してグルグル回る映像には多くの映画ファンが魅了されましたが、仕組みさえわかれば誰でも簡単に参加できるのがこの作品の楽しさです。

招待作品#03
タイトル:Uselesnes
作者:ソエジマシンゴ
機材/アプリ:iPhone 3GS × 7台、Final Cut Pro、GarageBand
解説:ある空間に幽閉されている女子を取り巻く黒服姿たち。彼らの目的は?そして女子はどうなるのか?
iPhoneユーザーを集めてマルチアングル撮影をしてみました。こういう撮影が手軽にできるのもiPhoneならではだと思います。アクションシーンはノーカットで一連を撮影して、それをまとめて一気に編集!複数台のカメラを同時使用すると撮影時間も短縮できてお手軽でした。