あおぞら銀行行員によるインサイダー取引事件で、東京地検特捜部に金融商品取引法違反容疑で逮捕された元行員の松原健容疑者(49)が、顧客企業の家電量販大手「ベスト電器」(福岡市)の内部情報を入手した約3時間後に、同社の株取引をしていたことが捜査関係者の話でわかった。

 松原容疑者は別の顧客企業20社以上についても、株式を売買していたことも判明。特捜部と証券取引等監視委員会は逮捕容疑以外でも株売買の経緯を調べる。

 捜査関係者によると、松原容疑者は昨年3月26日午前、ベスト電器が2009年2月期の業績予想で、純損益を3億円の黒字から40億2000万円の赤字に下方修正するとの内部情報を入手。その約3時間後の同日午後、知人名義の証券口座を使い、株を保有せずに借りて売る「空売り」を行ったという。松原容疑者は下方修正を公表した4月10日まで、計1万2500株を計約350万円で売却し、公表後に同社株を買い戻して利益を得ていた。

 同行では融資先の上場企業に、業績にかかわる重要情報を公表前に報告するよう求めており、松原容疑者は05年9月から同行本店の融資審査部門でベスト電器を担当していた。松原容疑者は同部門に在籍中、担当外の20社以上の顧客企業についても、内部情報を公表する直前に株取引をしていた。特捜部と監視委は、松原容疑者がこうした情報を入手した経緯についても詳しく調べる。

エベレスト初登頂の偉業再現 板橋区・植村冒険館(産経新聞)
橋下新党旗揚げ「大阪府域内で大戦争となる」(産経新聞)
<国民新党>参院選東京選挙区に新人(毎日新聞)
ベランダの手すりはずれ、生徒2人落下 茨城の県立高(産経新聞)
<事業仕分け>因縁の対決 ノーベル化学賞・野依氏と(毎日新聞)