3人が死傷した元厚生事務次官殺傷事件で、殺人などの罪に問われた無職小泉毅被告(48)の公判が10日、さいたま地裁(傳田喜久裁判長)で開かれた。弁護側が最終弁論を行い、小泉被告は最終意見陳述で「動物の虐殺を法律で正当化する厚生官僚の大罪を絶対に許さない」と大声で主張した。公判は結審し、判決は3月30日に言い渡される。
 弁護側は、動機が理解困難なことから小泉被告が心神耗弱の状態にあったと指摘。被告が事件後自ら出頭した点などを含めて、減刑されるべきだとし、死刑の回避を主張した。
 検察側は死刑を求刑している。 

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕元厚生次官宅連続襲撃事件
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
殺人の時効撤廃=政府、刑訴法改正案提出へ
時効撤廃で最終調整=法制審、月内にも答申へ

12月機械受注、20.1%増=3カ月ぶり拡大-内閣府(時事通信)
「沖縄県民の命も大事に」=「命こそ宝」の色紙渡され-鳩山首相(時事通信)
<番号制度>導入に向け閣僚会合 5月までに複数案(毎日新聞)
SBI証券に業務改善命令=システム障害を放置-金融庁(時事通信)
ビアだる1万5000個窃盗か=転売目的、男を逮捕-警視庁(時事通信)