気象庁は20日、中国の華北地方で大規模な黄砂が観測されたため、21日にかけて日本でも各地で黄砂が広がる恐れがあると発表した。

 同庁によると、黄砂は西日本では20日夜にも飛来し、21日には北海道を除く全国で広がる見通し。場所によっては見通しのきく距離が5キロ未満となり、洗濯物や車への砂の付着が目立つこともあるという。

 黄砂は、中国大陸の砂漠で吹き上げられた砂が、偏西風に乗って飛来する現象。

<JR不採用>和解金550万円減額 前原国交相は評価(毎日新聞)
三笠宮さまご退院(産経新聞)
「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で-長妻氏(時事通信)
文化財保護法違反 死んだ雌ジカ 妊娠していたと判明(毎日新聞)
住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが-東京(時事通信)