堺市で母親が生後2カ月の娘を強く揺さぶり死亡させた事件で、大阪地検堺支部は1日までに、殺人容疑で逮捕された無職武中明日香容疑者(24)について、地裁堺支部に鑑定留置を請求し、認められた。決定は3月30日付で、期間は4月1日から6月29日まで。
 地検堺支部によると、武中容疑者が育児ストレスなど精神不安を供述していることから、公判で刑事責任能力が争点になる可能性があり、捜査段階での鑑定が必要と判断したという。 

【関連ニュース】
15歳長男、母刺す=容疑で逮捕、進学で口論か
殺人容疑で男逮捕=面識なく突然刺す
乳児殺害容疑、父を再逮捕=家族3人死亡事件
楓ちゃんに卒業証書=女児誘拐殺害で小学校
乳児殺害、母を不起訴=心神喪失と判断

<日米密約>外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委(毎日新聞)
ホワイトビーチ案「本命」…沖縄知事に官房長官(読売新聞)
米大統領に普天間説明=鳩山首相(時事通信)
民族の血、先祖捨てる心理に 在日の“帰化タブー”(産経新聞)
NTT再編論議が本格化=光回線敷設会社の分離案も(時事通信)