大阪市西成区のあいりん地区の生活保護受給者が病気を装って医療機関から無料で処方された向精神薬を、神奈川県横須賀市の男らが買い取って転売していた疑いがあることが20日、神奈川県警への取材で分かった。県警は近く、麻薬取締法違反(営利目的譲渡、所持)などの疑いで、同県横須賀市久比里の無職、大沢広一被告(41)=覚せい剤取締法違反罪などで起訴=を横浜地検に追送検する。

 県警は、生活保護受給者から向精神薬を購入し、大沢被告に譲り渡していたとみられる大阪市港区の無職、栗山一郎容疑者(53)=同法違反容疑で逮捕=からも事情を聴いている。生活保護受給者は福祉事務所が発行する医療券を使えば、医療費が無料になる。

 県警の調べによると、大沢被告は平成21年11~12月、インターネットを通じて知り合った5人に向精神薬約1千錠を計約12万円で販売するなどした疑いが持たれている。栗山容疑者が受給者から10錠200円で向精神薬を購入して大沢被告に譲り渡し、大沢被告がネットで800~2500円で転売していたという。

 約3年間で200人前後に転売、約2千万円を売り上げていたという。

【関連記事】
これが貧困ビズ「囲い屋」の手口、巧みに生活保護申請させ紹介料
生活保護受給者の自殺率、全国平均の倍
生活保護費詐取した男は人気占い師…「キタの父」のがめつい素顔
生活保護受給者と勤務中に性的関係 元担当職員を停職処分 松山市
大阪市生活保護申請、1割が31都府県から転入直後
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

改正道交法 高齢ドライバー専用の駐車スペース設置へ(毎日新聞)
盛岡ごみ処理場、二審も談合認定=JFEに9億円超の賠償命令-仙台高裁(時事通信)
【産科医解体新書】(84)塩分取りすぎ どう防ぐ(産経新聞)
「丸投げ」廃止で200億円削減=経産省が独自仕分け(時事通信)
窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)