北海道苫小牧市の苫小牧西港に寄港中の帆船「日本丸」(航海訓練所所有)で24日、海上技術短大生による実習「セイルドリル」が行われ、総面積2760平方メートルを誇る36枚の帆が一斉に広げられた。

【「日本丸」の写真をもっと見る】帆船3隻がすべての帆を広げた

 20歳前後の実習生約100人が、素足でマストやヤードによじ登り準備を整えた後、「せーの」「わっしょい」と声を上げながら甲板でロープを引っ張る。約1時間後、帆がすべて広がると、集まった観客から拍手が起こった。この実習は船員に必要な協調性や責任感、忍耐力を養うことに適しているという。

 日本丸は25日に船内が一般公開され、26日午後に出港、九州の門司港に向かう。【小出洋平】

【関連ニュース】
<日本丸の活躍>1953(昭和28)年3月19日 南方戦没者の遺骨が帰国
【写真特集】こちらは「にっぽん丸」 リニューアル公開
<にっぽん丸の活躍>1973(昭和48)年2月14日 最後の南米移民船「にっぽん丸」が出港
咸臨丸:150年、太平洋渡る子孫 7日帆船出航「昔との違い比較」

日本人の米国留学 10年で4割減少の理由(J-CASTニュース)
寒さも何の ジョッキ片手にタイガース応援 大阪でビアガーデンオープン(産経新聞)
<郵政改革法案>30日閣議決定へ(毎日新聞)
コイも受難、火山噴火で渡欧できず(読売新聞)
<宇和島徳洲会病院>病気腎移植手術 4例目を実施へ(毎日新聞)