大阪市は15日、市営地下鉄長堀鶴見緑地線の終点の門真南駅(大阪府門真市)で、大正発門真南行き電車が、列車自動制御装置(ATC)の異常などのため、別の電車が停車していたホームにつながる線路に進入しかけるトラブルがあったと発表した。電車はポイント上で緊急停車し、けが人はなかった。停車時の電車間の距離は約70メートルだった。
 運行を指示する運転指令のミスとみられる。国土交通省近畿運輸局は同日、脱線、衝突事故につながる恐れのある重大なインシデントとして文書で指導した。 

【関連ニュース】
「もう10年、まだ10年」=17歳息子失った父
東京メトロ社長ら献花=慰霊碑で冥福祈る
補償交渉、10年で終了=5人死亡、64人重軽傷
京王線車庫で一部車両脱線=ラッシュ時、3割運休
特急衝突、乗客ら41人けが=ダンプがスリップ、踏切に

宮城・福島・山形各地で震度4、震源は福島沖(読売新聞)
六本木の不動産取引で脱税容疑=社長2人を告発-東京国税局(時事通信)
<鳩山首相>「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」(毎日新聞)
<自民党>栃木でネット投票 参院予備選(毎日新聞)
全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判-静岡地裁(時事通信)