顧客に脱税を指南したとして、所得税法違反と法人税法違反の罪に問われた「借りたカネは返すな!」の著者で、コンサルティング業「セントラル総合研究所」社長、八木宏之被告(51)の初公判が14日、さいたま地裁(井口修裁判長)で開かれた。八木被告はいずれの罪についても「違反をした認識はありません」と否認、弁護人も「共謀の成立と違反にあたるかについて争う」と述べた。

 検察側は冒頭陳述で、「書籍がベストセラーになった直後からセ社に寄せられる相談は増加し、八木被告は確実に利益を出すために違法な手段を部下に指示していた」と指摘した。

 起訴状によると、八木被告は顧客らと共謀し、不動産賃貸会社「シャルマンリッチ」(神戸市)の平成18年2月期の法人税約3200万円を脱税したほか、千葉県のゴルフ場経営(当時)、田久保守被告(72)の19年分の所得税約3400万円を脱税したとされる。

【関連記事】
進学塾「名進研」社長が所得9千万円隠し、脱税容疑で起訴へ
頭脳と強運の持ち主、指導力は? 小沢鋭仁環境相
4億円脱税で太陽電池関連2社を告発 東京国税局
名古屋のホストクラブ経営者、7千万円脱税容疑で告発
“戦う現場”女性続々 「マルサ」にチーム、初の特捜部長も 利点生かし実力評価
外国人地方参政権問題に一石

趣味と実益 都営交通モニター人気(産経新聞)
中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過(産経新聞)
藤原竜也さん「井上さんの遺志引き継ぎ頑張る」(読売新聞)
 ブログ市長「勇気ない首長だらけ。変革ムリ」(産経新聞)
<パトカー>乗用車と衝突、男性軽傷 神奈川・相模原(毎日新聞)