群馬県伊勢崎市は19日から実施したクールビズ実施の通達の中で、男性職員のひげを禁止することを明記した。同市職員課は「市民に不快感を与えないよう、一律に禁止する」と説明。総務省は自治体によるひげ禁止について「(内規などの)調査をしたことはないが、聞いたこともない」としている。

 同市は18日、職員向けの通達で「髭(ひげ)についても不快に思う市民もいるため禁止します」と記載。同市役所は以前からひげ禁止は暗黙の了解といい、これまでもひげをたくわえた職員には個別指導している。約1500人の市職員の中で、現在ひげを生やしている職員は「把握している中では一人もいない」という。

 明文化のきっかけは今月上旬、市内の男性からの「ひげを生やした職員がいる」という苦情。実際は男性職員のもみあげだった。【塩田彩】

小沢氏、3回目聴取=事件関与、改めて否定―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
ニセ女医、大臣印鑑など偽造容疑で再逮捕(読売新聞)
首相、財務相と午後に会談(時事通信)
<ブロッキング>プロバイダーなど4社 自主的に実施を表明(毎日新聞)
<不同意堕胎容疑>36歳医師を取り調べ 点滴で流産(毎日新聞)