平野博文官房長官は27日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、受け入れ先の地元自治体への対応について一般論と断りながら、「手続きも含めて法律でやらなければならない場合もある」と述べ、法的決着もあり得るとの考えを重ねて示した。
 平野長官は一方で、「地元の協力を得てやらなければならいと一貫して言ってきた」とも語り、土地の強制収容など強硬手段は回避したいとの考えを強調した。 

【中医協】「がん患者リハビリテーション料」を新設(医療介護CBニュース)
亀井氏「神戸の少年じゃないけど、郵政切り刻んだ」(読売新聞)
グアムを中旬に視察=普天間検討委(時事通信)
窃盗容疑で再逮捕=千葉大生殺害事件-千葉県警(時事通信)
カーナビに事件現場登録=月決め駐車場を行き先に-木嶋容疑者、下見か・埼玉不審死(時事通信)