女性に金を貸す条件としてソープランドで売春させたとして、警視庁保安課などは8日までに、職業安定法違反(有害業務紹介)容疑などで、千葉県松戸市小根本、不動産会社社長下条雄容疑者(41)を逮捕した。売春防止法違反(場所提供)容疑で、東京都足立区加賀、ソープランド経営永島稔容疑者(64)ら4人も現行犯逮捕した。
 同課によると、全員が大筋で容疑を認めている。下条容疑者はほかにも数人の女性を紹介しており、経緯を調べている。
 下条容疑者の逮捕容疑は2008年9月22日から10月下旬にかけ、東久留米市の無職女性(23)に「金を貸してほしければ、ソープで働け」と持ち掛け、台東区千束のソープランドを紹介して売春させた疑い。 

【関連ニュース】
車拠点、少女に売春させる=「家賃不要」男4人逮捕
高3男子が売春クラブ所属=女性と客引き合わせ
売春女性からみかじめ料=暴力団幹部ら2人逮捕
娘に売春あっせんの母に有罪判決=「自覚や責任欠如」と指摘
売春あっせん、佐渡市職員逮捕=女子中学生を紹介

「許す。被害届出さない」 朝青龍側が警視庁に示談書提出 示談金も明示(産経新聞)
<訃報>登川直樹さん92歳=映画評論家(毎日新聞)
小沢幹事長の続投「考えに変わりない」と首相(読売新聞)
公訴時効見直しで対案=「撤廃」で一致せず-法制審部会(時事通信)
循環取引事件で辞任の元社長、車内で練炭自殺?(読売新聞)