「アトピー性皮膚炎が治る」などとうたい、自家製のボディーシャンプーを無許可で販売したとして、警視庁麹町署などは25日までに、薬事法違反容疑で、新潟県上越市大潟区九戸浜、無職山岸辰夫容疑者(58)を逮捕した。
 同署によると、容疑を認め、「金を稼ごうとしたのではなく、苦しむ人を助けたかった」と供述。2003年ごろから約250人に販売し、約150万円の利益を得たと話しているという。
 逮捕容疑は昨年1月5日から9月12日ごろの間、インターネットオークションを通じ、8回にわたり、東京都などの20~50代の男女6人に、無許可で医薬品としての効能をうたったボディーシャンプー計18個を計2万7000円で販売したなどの疑い。 

【関連ニュース】
タミフルを無許可販売=輸入代行業者を再逮捕
未承認バイアグラの広告掲載=通販会社役員ら逮捕
偽バイアグラ販売で2人逮捕=売り上げ1億円以上
タミフル違法広告で逮捕=輸入代行業者ら6人
タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝

春は全国的に気温高め=北日本は冷夏か-気象庁(時事通信)
無償化から朝鮮学校除外、国連委が「懸念」(読売新聞)
タイに潜伏の組員逮捕 神奈川・平塚の抗争、殺人容疑で国際手配(産経新聞)
「お年寄り狙いやすい」ひったくり容疑で中学生逮捕(産経新聞)
売れない!商品券「僕が宅配しても」と橋下知事(読売新聞)