埼玉県坂戸市で同じコンビニに2回押し入り店長らにけがを負わせたとして、強盗殺人未遂罪に問われた水野満被告(40)の裁判員裁判で、さいたま地裁(田村真裁判長)は19日、抗うつ剤の副作用による心神耗弱を認めて減刑し、懲役8年6月(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。
 判決は、被告は医師の指示に従って抗うつ剤を服用しており、「過大評価はできないが、被告だけを厳しく非難できない側面がある」とした。
 被告の弁護人によると、医師の処方通り服用した抗うつ剤の副作用で心神耗弱を認めた判決は例がないという。 

重文の大日如来坐像盗まれる=無人の寺、鉄扉こじ開け-大阪(時事通信)
女子トイレ侵入の教諭、ビデオに自分映り逮捕(読売新聞)
三浦りさ子さんが接触事故 東京・南青山(産経新聞)
振り込め詐欺「キング」に懲役20年 東京地裁(産経新聞)
<北教組事件>小林陣営の会計責任者ら2人を起訴 札幌地検(毎日新聞)