今月末の任期満了に伴い、公募していた日本原子力研究開発機構の理事長職について、川端達夫・文部科学相は19日、現職の岡崎俊雄理事長(66)を暫定的に再任すると発表した。運転再開作業が進められている高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の運転が安定化するまでの特例的措置という。

 公募は文科省が行い、関係者によると官庁OB2人を含む14人が応募していた。今回の措置で選考は一時中断し、もんじゅの運転が再開した時点で岡崎理事長が退任、新理事長を任命する予定。

 岡崎理事長は大阪大卒。旧科学技術庁原子力局長、事務次官、顧問を経て、04年から同機構の前身、日本原子力研究所理事長。07年から現職。

<郵便不正事件>副検事が出廷、信用性を主張…大阪地裁(毎日新聞)
自民・谷垣総裁「極めて独裁的」…民主解任方針(読売新聞)
ダンプ運転手を書類送検=1月の特急衝突事故-北海道警(時事通信)
医療提供者含む国民の声反映を-温暖化対策基本法案で日医(医療介護CBニュース)
長男殺害の男、二審も懲役12年=一審裁判員を支持-高松高裁(時事通信)