鳩山由紀夫首相は22日、防衛大学校(神奈川県横須賀市)卒業式で、厳しい財政事情を力説。「防衛予算も選択と集中の視点は欠かせない」などと、防衛予算削減方針とも受け取れる異例の訓示を行った。

 冒頭、「私が言いたいことは自らが活躍することになる、この世界のことを正しく知れということだ」と幹部候補生に切り出した首相。日本を取り巻く安全保障環境を指摘し「日本は日米同盟を基軸として自らの防衛に備えてきた。その方針は鳩山内閣でも揺るぎなく継続する」とした。

 ところが、約7分間の訓示は後半に入ると一転。鳩山内閣が、厳しい財政状況の中で、公共事業予算を大幅に削減したことをアピール。新たな「防衛計画の大綱」の策定に触れる中で「単に装備を持っていれば安全保障が確保されるわけではない。持てる装備を組み合わせ、いかに効果的に運用するかの観点で議論してほしい」と、防衛予算の無駄削減に取り組む姿勢を示した。

 平成21年度の卒業生は364人(外国人留学生除く)で、長引く景気低迷を反映し、民間企業への就職組など任官拒否は17人にとどまった。

【関連記事】
鳩山内閣支持率30%に急落 危険水域に接近
鳩山首相の金銭感覚、政治家としてどうなの?
大塚副大臣「消費税は13~14%必要」
日教組 労組マネーの徹底解明を
普天間移設 政府案暗礁で首相困惑…打つ手なし
20年後、日本はありますか?

ミニバイク1万1千台に改善対策=ホンダ(時事通信)
承認内容の見直しなど要求―薬害イレッサ原告・弁護団(医療介護CBニュース)
クロマグロ禁輸案 「否決」最終決定(産経新聞)
教科書掲載、200年来の謎「原形質流動」メカニズムを初解明 京大(産経新聞)
恵比寿RCの啓発漫画、全国に配本 ネットのわな、小中学生に警鐘(産経新聞)