黒田博樹について書いてある記事を部分的に集めて翻訳をしました。

部分的な話題なのでコメントは探していますがなかなか見つからない場合が多いです。あと日本人関連など気になる所も訳しています。


http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130115&content_id=40966558&vkey=news_mlb&c_id=mlb

プリンス・フィールダーと黒田博樹はそれぞれタイガースとヤンキースと契約し、昨年1月26日2人のアメリカンリーグのトップ球団がロースターに加えたと発表した。彼らはそれぞれの球団がアメリカンリーグ制覇するのに必要不可欠な働きをし、フィールダーとデトロイトについては・・・(フィールダーについて省略)

kuro





黒田はシーズン中ニューヨークで適応するのにかなり時間がかかった。

彼は間違いなくヤンキースのローテーションで最も信頼できる投手だった。

CCサバシアに次ぐ不動の2番手投手として黒田はチーム最多の219回2/3イニングを投げ抜き、16勝する間に防御率3.32を記録した。


昨年1月中旬以降にも2人の国際的な契約が大きな話題を呼んだ。

2012年スリリングなアメリカンリーグ西地区ペナントレースにおいてダルビッシュ有とヨニエス・セスペデスは

レンジャーズのエースとして、またアスレチックスのチーム打点王として活躍したメジャー選手である。

今年まだフリーエージェントのままの選手にとって、このような遅い契約は少し希望を与える。


http://newyork.yankees.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130111&content_id=40927024&vkey=news_nyy&fext=.jsp&c_id=nyy

”市場の3人か4人の最も力のあるフリーエージェントと契約した。これはとても幸せだ。”

スタインブレナーは語った。「アンディー・ペティットと黒田博樹とイチローが帰ってきて、ケビン・ユーキリスを獲得できたことはすばらしい。興奮している。いつも彼のプレーが好きだった。まだ私たちはしなければいけない仕事がある。他の打者を補強する必要があるがまだ完了していない。」


(コメント欄)

LETSGOICHIRO
ヤンキースがポスト松井秀喜のような日本で確固たる地位を築いた才能ある選手を獲得しないのはとても残念だ
たとえば、青木宣親は今やブルワーズでトップレベルのプレーができるようだよ。
彼はとても良いルーキーシーズンを送った(最初は十分なプレーをさせてもらえなかったにもかかわらずだ)
青木は予想よりパワーのある打者に見えるし守備も傑出している。

http://newyork.yankees.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130102&content_id=40827294&vkey=news_nyy&fext=.jsp&c_id=nyy

9.ペティットと黒田博樹はまだアメリカンリーグ東地区で通用するのか?

ペティットと黒田が2013年シーズンに帰ってこればヤンキースのローテーションはずっと魅力があるように見えるが

二人のベテラン投手は一年年を取り、限界が来ることもありえる。

ヤンキーススタジアムで相手のバランスを崩す知恵と狡猾さを用いて二人の投手はイニングを食う必要がある。

健康は必要不可欠だ。ペティットは足首の故障を防げなかった。

10.来年の170億円の予算の規制は2013年にどう影響を与えるだろうか?

スタンブレナーの指示で、2014年の贅沢税の支払いを避けることは13年のロースターに影響を与えるためヤンキースは今オフ複数年契約アレルギーのようだ。

その余波はまだ続いている:ジラルディー監督が示唆したようにヤンキースは今シーズントレード期限ギリギリに決定するようなこともあり、選手補強をしぶっているように見える。予算の規制を放棄する事をやめないならば、現在の戦力がいっそう力を発揮することがさらに重要になる。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote