index


ダルビッシュ投手についてESPNの記事です。












http://espn.go.com/blog/dallas/texas-rangers/post/_/id/4910078/yu-darvish-getting-smarter-better



たった2回の先発だがダルビッシュのこれまで2年の経験が活かされていた。アストロズの対戦ではファーストボールのコマンドもよ かった。投げたい時に投げることができていた。2順目の対戦ではスライダーを多くするなど配球を変えた。ファーストボールを待つアストロズに早いカウント でツーシーム、カーブなどを投げるなどして、8回を被安打1、与四球1に押さえ込んだ。球数はたった102球だ。少ない球数でより多くのイニングを投げる ように意識し続けている。


ダルビッシュは1四球与えるまで3ボールすらも7回までなかった。ダルビッシュに対してアストロズはランナーをスコアリングポジションに進めることすらで きなかった。2回の先発で0失点、8被安打、15回15奪三振、2与四球を記録している。ロビンソン・チリノスが12回にサヨナラ打を打つまでレンジャー ズ打線は沈黙していたためダルビッシュは金曜日に勝つことはできなかった。


「毎回これぐらいの投球ができればとても良い。」とダルビッシュは語った。そうなればキャリアの中でもベストなものになるだろう。レンジャーズが彼に得点でき ない以外にダルビッシュにとってたった一つの悪い点は試合途中に親指の爪を怪我したことだ。TVカメラが彼の血のついた指とユニホームを映したがダルビッシュは気にしていなかった。


「日本では何度もあったことだし、この怪我がこれ以上悪くなることも、自分に影響することもなかった」とダルビッシュは答えた。それは何もさせてもらえなかったアストロズにとって悪いニュースだった。ヒューストンの打線はこの試合、打率・200の打者が6人入っており、もう一人は・226だった。よってダルビッシュは彼らを問題なく抑えることが期待されていたかもしれない。


しかしダルビッシュはサイヤング投票でマックス・シャーザーに次いで2位に終わった時とは違った。2014年のダルビッシュはより早く打者を抑えて見せた。彼はまったくだらだらする様子もなくファーストボールを制球していた。ダルビッシュはその日の最善の球種を選ぶため、すべての球種を投げる必要を感じていない。2年のMLBでの経験から学んだこのアプローチはダルビッシュをさらに良い投手にした。彼が怪我することがなければ、シーズン通して素晴らしい活躍をするはずだ。





海外の反応「イチローが引退する時・・・」マリナーズファンのコメント

福留孝介さん、守備でやらかす・・・

阪神・マートン、打率.500に

海外の反応 黒田博樹、7回途中4失点も2勝目「勝てたことを次の登板に」(動画あり)

内川聖一 .431 三塁打 右飛 安打 安打 安打

ルナってよくマウンド行くけど

日ハム栗山監督、10奪三振の大谷に 「遅すぎ…全然ダメ」

【MLB】黒田 粘って今季2勝目 メジャー通算70勝目マーク

鳥谷敬 打率.281wwwwww

プロ野球 今日の誤審ふたーーーつ!!!


ensemble「ゴールデンマリッジ」の体験版と新たなOPムービーが公開!姉妹ブランドの情報も




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote