昨日はMLBトレード期間最終日でした。
注目トレードをまとめてみました。


84090a74






レッドソックス
先発投手レスター、ラッッキー、ジェイク・ピービー、フェリックス・ドゥブロンを放出し た。
「ファイヤーセール」ともいわれるぐらいの放出でした。
補強ポイントの外野にセスペデスを獲得。また来シーズン以降のために複数の若手選手を獲得しました。
レ スターはFAとなる今オフにレッドソックス復帰を希望してます。



アスレチックス
ビリー・ビーンが相当本気をだしたようなトレードでした。
ジェイソン・ハメル、ジェフ・サマージャの2人の先発投手を昨日までを獲得。
そして一番の補強がレッドソックスからジョンレスターとゴームズを獲得したことだろう。
主軸を打つヨエニス・セスペデスが放出されたのは意外だったが、相対的には勝ち組の補強といえると思います。



タイガース
トレード期限最終日一番のびっくりトレードかもしれません。
今シーズンの市場で一番の目玉だったレイズのエース左腕のデビッド・プライスを三角トレードで獲得しました。
GMの腕が光ったトレードでO・ジャクソン選手を放出しましたが大成功と言えるでしょう。
プライス、バーランダー、 シャーザー、サンチェス、ポーセロの先発ローテーションMLB最強といってもいいでしょう。
またH・ソリアを獲得リリーフの補強も行っています。



マリナーズ

三角トレードでジャクソン、さらにC・デノーフィア、K・モラレスも補強しました。
N・フラ ンクリンを放出しましたが、カノーを獲得していただけためいいトレードだったかもしれません。
打線の強化には成功しましたが、補強ポイントだった外野手や先発投手でうまく補強できなかったのは今後に響くかもしれません。



カージナルス
怪我で離脱しているヤディア・モリーナの捕手のポジションに、レッドソックスから戦力外になったピアジンスキーを獲得しました。
トレード期限最終日に、レッドソックスから投手のラッキーを獲得しました。
主軸を打つA・クレイグをレッドソックスに放出しました。



ヤンキース
ダイヤモンドバックスからM・プラド選手を獲得、P・オブライエン選手を放出しました。
プラド選手は外野を守る可能性もありイチローの出場機会に影響が出てくるかもしれません。



また最終日にまとまったトレードとしては
マーリンズは、J・コザート投手を獲得。
ブレーブスは、J・ラッセル投手、E・ボニファシを獲得。
ナショナルズは、A・カブレラ選手を獲得。
オリオールズは、A・ミラー投手を獲得。
ミネソタ・ツインズは、T・ミローン投手を獲得。
ブルワーズは、J・パーラ選手を獲得。

などがあります。






MLBトレードシーズン


田中将大 無敗の男


海外の反応「MLBで一番不運な投手だ」黒田博樹7回3失点でQSも七敗目



米メディアが大谷翔平を特集 「田中より魅力的」



BOSレスターとOAKセスペデスがトレード


人は何故ストレートこそ最も打てない球種だと気付かないのか



松井稼頭央(20) .221*2本 15打点 21盗塁


クルーズ「さいてょはメジャーにいないタイプ」


高学歴なプロ野球選手は?


【悲報】建山使えない


黒田博樹 MLB通算防御率 3.46


【ヤクルト】バレンティンやる気無さすぎやろ



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote