14日のドジャーズvsブレーブス戦で先発した柳 賢振が6回2アウトを取った時点で右足の張りを訴え途中降板じました。

 日本人選手もダルビッシュ有、田中が怪我で離脱、黒田が疲労によりローテーションを飛ばすなど怪我による離脱が続いています。



o0405025412558048700







こちらハイライト動画です



 この日の柳 賢振は5回2/3を投げ、97球、被安打6、奪三振7、四死球3、失点3と粘り強い投球を続けていました。
 しかしこの怪我により2-3とリードされたまま降板してしまいました。

 しかしドジャースは粘りを見せます。
1点リードされた9回に、MLB屈指のクローザー、キンブレルから1アウト満塁のチャンスを作ります。
 ここで迎えるのはドジャースの4番マット・ケンプ。
 
 結果は・・・・・・・





キンブレルの勝ちで、今季35セーブ目をあげました。
ブレーブスはワイルドカードを2.5ゲーム差で追いかけています。

柳 賢振は今季6敗目を喫してしまいました。
しかしドジャースは2位に5ゲーム差をつけリーグ1位をキープしています。





素顔の斎藤佑樹 ワセダ4年間


市和歌山のセカンド、まさかの一塁送球で泣き崩れる


メッセンジャー「なぜ俺を巨人戦で投げさせないんだ


上原浩治 1.32 グレイグ・キンブレル 1.91


斎藤佑樹「好きなタイプはガチで言うと引かれる」


セペダ、案の定晒される【画像あり】


斎藤佑樹に勇気をもらう66の言葉


巨人西村健太郎さん、先発転向へ


落合GM「吉見が夏前に戻って10勝するから大丈夫」


山田22号wwwwwwwww


スポーツ報知、現実逃避


セペダ、代打ホームランwwwwwwww


ワイパワプロCPU、決め球のナックルを狙いホームラン


試合実況 川崎宗則が1番ショートで先発出場


ワイ「逆転サヨナラ満塁ホームランとか漫画の世界だけやろ・・・」



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote