現地時間15日、マリナーズがタイガースに7ー2で勝利しア・リーグのワイルドカード争いで、プレーオフ出場圏内の2位に躍り出ました。

 マリナーズは2回に3点を先制し、カノーのソロホームランなどで合計7点をとりました。
ピッチャーも先発のパクストンが6回1失点、リリーフ陣も3イニングを1失点に抑え勝利に貢献しました。

 しかしマリナーズには不安材料が・・・・・・










こちらカノー選手のホームランハイライトです。

http://m.mlb.com/video/topic/43383428/v35383667/?query=cano


しかしその後7回表の打席で・・・・・・・




7回裏の守備にはつきましたが、8回から交代しました。
明日以降の影響が懸念されますね。


 今日マリナーズ先発のパクストンが6回を5安打1失点で3勝目をあげました。対するタイガース先発のポーセロは、6回10安打、6失点で8敗目をきっしてしまいました。
 過去の実績的にはポセーロが優勢に思えただけに予想外の乱調でした。


さらに明日以降の先発は

       マリナーズ       vs       タイガース
               17日
    F・ヘルナンデス     vs        D・プライス            
(13勝3敗  ERA1.95)   (11勝8敗 ERA3.21)
               18日
   C・ヤング       vs     R・レイ
(11勝6敗 ERA3.20)   (1勝2敗 ERA5.31)

と予想されているため、タイガースにとって今日の敗戦は厳しいものとなりそうです。
 明日のヘルナンデスとプライスの対決はMLBファンにはたまらないものになりそうですね!!



 同じくワイルドカード争いをしている、トロント・ブルージェイズの川崎はホワイトソックス戦に9番セカンドで先発出場。
 4打数2安打、1三振、1得点の活躍をするも、ブルージェイズは5対11で敗れ、ゲーム差は3.5になりました。


 またイチロー・黒田の所属し、同じくワイルドカード争いで5位のヤンキースは、レイズに0-5で完封負けし5連敗を喫しました。
 イチローの出場はありませんでした。


レッドソックスの上原は3-3の9回に5番手で登板し、1回を3者凡退に抑えました。
 しかし田沢は3-3の延長10回1死満塁し1アウトを2アウトにしますが、8番マリズニクに右翼線に2点タイムリー2塁打を打たれてしまいました。自責はつきませんでした。
 チームは延長戦の末3-5で敗れ、結果的に田沢の失点が決勝点になってしまいました。







阪神タイガース暗黒時代再び


球技大会で女に121km/hのストレート投げ込んだ結果w


西武・森友哉、2打席連続ホームラン!!


ソフトバンク・古田敦也監督wwwwwww


プロ野球 最高の投手は誰か


坂本 .298 10本 41打点 20盗塁 OPS.791


坂本「デブだから大丈夫でしょ」


落合GMの補強結果wwwwwww


MLB打率ワースト10wwwwwwww


斎藤佑樹「もうネットは見ないって決めた」


マエケン、3回6失点で降板・・・


広島・石井琢朗コーチブログで謝罪


ムネリン、岩隈に脱帽「すべてにおいて今日のクマは良かった」


【画像あり】小野伸二と大谷の体格差www


アースジェット投手、G戦緊急登板で好投「まさか自分が・・・」


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote