本日のエンゼルス対マリナーズ戦で、トラウトがファインプレイを見せました。

 地区優勝はすでに決定しているエンゼルス。今シーズン活躍した選手のここまでの成績を動画と共に紹介いたします。


27
http://m.mlb.com/video/topic/51231442/v36633729/laasea-trout-leaps-makes-a-nolook-grab-on-a-liner/?c_id=mlb







こちら本日のトラウトのファインプレーです。
おそらく最後はボールは見ていないだろう、と現地でも紹介されています。




 まずはそのマイク・トラウトから。

 今シーズンはここまで155試合に出場し、打率.290、36本塁打、111打点、16盗塁、OPS.945と、昨シーズンよりもスラッガータイプに変わった?と思うような成績になっています。

 また守備指標も少し下降気味になっています。しかし下の動画のようにここ一番集中した時のプレーはさすがといったところでしょう。









 続いてはそのマイク・トラウトの後を打つアルバート・プホルス。
 今シーズンは157試合に出場し、打率.279、28本塁打、105打点、OPS.794の成績を残しています。本来期待している成績には少し物足りませんが、絶不調だった前期に比べ復調してきました。
 少し出塁率が下がっているのが不安材料ですね。








 投手陣の中で今シーズンもっとも活躍したのがジェレド・ウィーバー。
 34試合に登板し、18勝9敗、防御率3.59、213.1投球回、169奪三振とチームのエースとして活躍しました。






 そしてもう一人チームを支えたのは今シーズンパドレスから移籍してきた、クローザーのヒューストン・ストリート。
 移籍後の成績は今シーズン28試合に登板し、1勝2敗17セーブ、防御率1.71、26.1投球回、57奪三振の好成績を残しました。








これから記事で選手の成績や印象的なシーンなどの紹介をしていこうと思っております。
「この選手を紹介してほしい。~選手のこのプレーを紹介してもらいたい(可能ならば日時も)」などご希望がありましたら、コメント欄やメッセージでリクエストしていただけると幸いです。





松井秀喜は名監督になれるのか


海外の反応 ジーター本拠地最終戦でサヨナラタイムリーヒット!!


米メディアが田中将大を今季ヤンキースMVPに選出「本当のスター選手」


イチロー「漫画でもやりすぎ」 ※動画あり


セドンってプロ野球史上最高のイケメンだよな?


最近の大田泰示wwwwwwwwwwwww


村田修一さん2年連続20号達成です【動画あり


上原浩治 9日ぶりのマウンドで三者凡退 松坂大輔攻守で2回無失点!!


黒田(41)が広島に帰ってきた場合の成績予想


MLBのサイ・ヤング争いwwwwwwww


【悲報】 福留、審判に卍土下座


【悲報】のび太FA行使へ


【悲報】伊藤準規、213年に肘を怪我していた


山田(ヤ)ってホームランバッター扱いでいいの?


鳥谷敬 2015年


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote