MLBレギュラーシーズン最後の試合となった本日の試合でノーヒットノーランが達成されました。

 達成したのはナショナルズのジョーダン・ジマーマン。9回を104球、奪三振10、四球1、被安打はもちろん0の成績でした。

 詳しくは続き以降でご紹介いたします。

zimma
http://m.mlb.com/video/v36703053/miawsh-zimmermann-on-first-nationals-nohitter/?player_id=519455







 劇的というのはもちろんレギュラーシーズン最終戦ということもありますが、試合内容もピンチをいくつも切り抜けるすごい展開でした。

 最初のピンチは5回。この回は投球すべてが芯でとらえられてしまいますが、幸運にも全部野手の正面で、3アウト全部がライナー。

こちらハイライトリンクです

http://m.mlb.com/video/v36683681/?team_id=120

 
 続くピンチは7回。四球でランナーを許しますが、ここでキャッチャーがファインプレイ。キャッチャーのラモスが一塁ランナーを牽制でアウトにします。

こちらハイライトリンクです

http://m.mlb.com/video/v36685771/?team_id=120


 そして最大のピンチは9回2アウトの場面。
 バッターのイエリッチは完璧に打球をとらえ、左中間に痛烈な打球が飛び、ピッチャーのジマーマンですら
「二塁打だ、間違いない」というほど、誰もが達成を逃したと覚悟した瞬間・・・・今日一番のビックプレーが飛び出しました。




 打球を取ったソウザは「頭にあったのはただひとつ、何がなんでも追いつく、絶対に追いついてみせるということ。キャッチした瞬間は覚えていないけれど」とコメントしています。
 

 こちらの動画の28秒~を見ていただくと、ジマーマンの心情の変化がよくわかります。





 試合後のインタビューでジマーマンは
 「どこからともなく現れてキャッチした。後ろにいた選手たちが素晴らしい仕事をしてくれた。選手を入れ替えながらの試合で、大きな勝ちだ。後ろでプレーした選手全員にお礼を言わなきゃならない」

「このようなことは起こるわけがないと思っていた。自分はどちらかといえば、1イニングで1安打は許すような感じだったからね。だから、もし初回をヒット無しで終えられたら、その分、次の回で打たれるんじゃないかって思っていた」などと語りました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00000211-ism-base
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00000018-jij_afp-base


こちら全アウトのハイライトです






阪神タイガースの黄金時代が永遠に来ない理由


海外の反応 イチロー21年連続100安打達成!! 田中将大まさかの7失点


「四番大田」 発表時の巨人ベンチの皆さんの表情ww


イチローの打つ前のあのポーズってさ


ジラルディ監督、ローテを守り続けた黒田博樹に「最高のヤンキーであり、最高のお手本」


イチロー1年ぶり1番での出場でマルヒット!!21年連続100安打達成!!


ノリさんまた驚きの白さに


巨人ロペスが今年でクビになるけど



浅尾「パワプロで中日弱い・・」


【朗報】ホセ・アルトゥーベ、日米野球参加決定


【朗報】城島健司の釣り番組、全国進出


楽天最近22勝5敗wwwwwwwwwwwwwwww


グリエル、笠原にブチ切れwwwwwwwww


2014年引退打線wwww


原辰徳 その素顔



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote