田中将大 ヤンキース 1年目

20試合 136.1投球回 防御率2.77 13勝5敗 奪三振141 四死球25 WHIP1.06

 移籍初年度ながら5月に月間MVPを受賞するなど7月9日までに13勝をあげ、オールスターに選手間投票で1位で選ばれました。しかし右肘靭帯の部分断裂により、後半戦はわずか2試合の登板。復帰戦こそ勝ち星を上げたものの、今シーズン最終登板では炎上してしまいます。
 本人は肘の影響はないと強調してはいるものの、ファンからすると来シーズンに不安の残る最終登板になりました。


23








黒田博樹 ヤンキース 7年目

32試合 199投球回 防御率3.71 11勝9敗 奪三振146 四死球42 WHIP1.14

 故障による離脱が多いなか、チームで唯一開幕からローテーションを守り、5年連続2桁勝利を達成しました。相変わらず今シーズンも援護に恵まれず勝ち越しはわずかに2つ。投球イニングも200イニングに1回届きませんでした。

 来シーズンの所属チームは未定ですが、本人が希望さえすればメジャー契約はあるでしょうし、来シーズンこそは200イニング&6年連続2桁勝利を達成して欲しいですね。


4




青木宣親 ロイヤルズ 3年目

132試合 打率.285 1本塁打 43打点 63得点 140安打 17盗塁 出塁率.349 長打率.361 OPS.710

 今シーズンからブルワーズからロイヤルズに移籍。シーズン前半までは期待値からするとイマイチな成績でした。

 しかしタイガースと地区優勝争いが白熱してきた9月に打率.379と大活躍。惜しくも地区優勝は成りませんでしたが、チームの29年ぶりのプレーオフ進出に貢献しました。今シーズンは日本人選手唯一のプレーオフ進出です。

22



藤川球児 カブス 2年目

15試合 13回 防御率4.85 0勝0敗 17奪三振 四死球10 WHIP1.85

 トミージョン手術から復帰し、15試合に登板しました。しかし投球イニングを上回る奪三振を記録しますが、それ以上の被安打を浴びてしまい、チームの信頼を勝ち取ることはできませんでした。
 来シーズンのメジャー契約は厳しいと予想されるため、日本球界復帰も噂されています。しかし手術から復帰して2年目から本調子を取り戻す選手もいるため、来シーズンに期待しましょう。

和田 藤川

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00011014-baseballk-base


  とりあえずお試しという形で記事を作らせていただきました。

 全部で3回に分けて紹介する予定です。何かご要望やご希望があればできる限りお答えしていこうと思いますので、コメント欄にお願いいたします
日本人選手が終わりましたら、日本人以外の選手も紹介いたします。今シーズンポストシーズンに進出していない選手から順に紹介していこうと思うのでご希望の選手があればそちらもコメントにお願いいたします。


メジャーリーグのWBC


ヤンキース今季最終戦、イチローが先制の2点三塁打,ジーターは2打数1安打1打点



斎藤佑樹、フォームが高校時代に戻る【GIF


MLB今シーズン最終戦で劇的なノーヒットノーラン!!


フェリックス・ヘルナンデス、サイヤング当確か メジャーPO進出争いまとめ 


清原さんの最新画像wwwwww


落合GM 中日 オフに15人を戦力外に



マシソン、グリエルを煽る



新垣を暴投王だと思ってる奴wwww


哲人28号wwwwwwwwwwwwwwwwww


ヤクルト畠山、初「打率3割」をほぼ手中


内川 右打者で落合に並ぶ7年連続3割確実に


パワプロ2013ラスボスチームの能力


G原監督がベンチで沢村に“説法”「偶然と思うか、必然と思うかで変わる」


メジャー・リーグ・ベースボール


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote