本日、カージナルス対ドジャースの地区シリーズが行われました。
 カージナルスが2勝1敗と優勝に王手をかけた状態で挑んだ一戦。ドジャースの先発は前回登板で突如7回に崩れ、敗戦投手になったクレイトン・カーショウが登板します。

 先制しのはドジャース。6回無死一三塁のチャンスでバッターのケンプが併殺に倒れる間に1点先制。その後もチャンスを作り、ウリーベのタイムリーでこの回2点を奪います。

 疲れを心配されたカーショウでしたが、1回に3者連続三振を奪うなど、6回終了時点で、わずか被安打1、奪三振9と完璧なピッチングを披露。
 6回には本日二度目の三者三振を奪い、エンジン全開の状態で、前回打たれた7回のマウンドに上がります。

カーショウ_3








6回までのピッチングハイライトです
2回にはショートラミレスのファインプレイも。





 前回打たれた7回のマウンド。先頭のホリデーにヒットを打たれ嫌なムードが漂うと、続くペラルタにも連続ヒットを許し、迎えるは5番のアダムズ。1ストライクを奪った後の2球目・・・





 逆転の3ランホームラン・・・・・
 得意のカーブがど真ん中に入ってしまい、完璧にライトスタンドに運ばれてしまいました。

 カーショウはこの日は6回を投げ被安打はわずか4本、9奪三振も、前回登板と同じく魔の7回につかまり、ドジャースの地区シリーズ敗退が決まりました。
 今季21勝4敗、防御率1.77の成績を残した現役最強左腕。
 これでポストシーズンは通算1勝6敗。しかもカージナルス相手に4連敗と悔しいポストシーズンを送っています。


 カージナルスはこれで4年連続のリーグ優勝決定シリーズ進出になりました。黄金時代の到来といっても過言ではないかもしれません。


優勝決定の瞬間&シャンパンファイトの映像です





スーパーキャッチャー城島健司


パドレスイチロー(41)、爆誕


糸井嘉男、やっぱりメジャー移籍熱望wwwwww


大谷翔平、162キロ連発wwwwwwwwwww


黒田博樹(39)、来季未定 「例年以上に難しい」


川崎宗則がピンズドな球団は?


原辰徳 ドラフト抽選7回1勝6敗


中村紀洋さんがFacebook更新


【悲報】 西武、メヒアに単年1億円提示 残留しないかも


内川はいつまで3割打つんだよww


ソフトボール・大嶋、一軍初打席キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


鳥谷が.280に収束するとは何だったのか


【守備難】伊藤隼太、HRボールなのにフェンスに張り付く


マエケンFAで巨人入り密約説wwwwwwwwww


最強のプロ野球論


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote