レッドソックスなどで活躍した、現ドジャースのジョシュ・ベケットが、 チームの地区シリーズ敗退が決まった後に引退を決断したようです。

 今季ノーヒットノーランを達成するなど、6勝6敗防御率2.88の好成績を収めていましたが、8月4日以降は怪我の影響で登板なし。その故障が引退の最大の決め手となったようです。


こちらがネタ元です。簡単に翻訳させていただきます。

http://m.mlb.com/news/article/97915264/right-hander-josh-beckett-announces-plans-to-retire

ベケット








 セントルイスにてー
 5月にノーヒットノーランを達成した、ドジャースのジョシュ・ベケット。
 彼は今シーズン最後の3か月はほとんど故障者リストに入っていました。
ドジャースの地区シリーズ敗退が決定した後、引退を発表しました。

 ベケットは左腰の関節の故障をし、5月に手術を受けることになるだろうと述べていました。多くの投手は手術後、3か月ほどのリハビリを経て、復帰をするが、「私はリハビリを終了したとしても、私の人生でマウンドに戻りピッチングをすることはない」と話しました。

 34歳のベケットは、首の手術の影響で2013年のシーズンは殆ど棒にふりましたが、今年は防御率2.88、6勝6敗とカムバック賞を獲得するほどの活躍でした。

 5月25日にはフィリーズ相手にノーヒットノーランを達成。 ワールドシリーズMVPも獲得しています。
 2003年と2007年にマーリンズとレッドソックスでワールドシリーズ制覇を経験しました。通算138勝106敗、防御率3.88で14年のキャリアに幕を閉じます。


 彼は2012年にジェームズ・ローニー、及び4人のマイナーリーガーと
のトレードで、エイドリアン・ゴンザレスカール・クロフォードとニック・プントとともにボストンからドジャースに来ました
 ベケット今冬にフリーエージェントでした1575万ドル
の給与を放棄することになります。


ベケットノーヒッターハイライト




引退に追い込まれるほどの怪我ではないとのことですが、なにかモチベーションのようなものがなくなったのかもしれません。ノーヒッター達成で燃え尽きてしまったのでしょうか。







スーパーキャッチャー城島健司


パドレスイチロー(41)、爆誕


糸井嘉男、やっぱりメジャー移籍熱望wwwwww


大谷翔平、162キロ連発wwwwwwwwwww


黒田博樹(39)、来季未定 「例年以上に難しい」


川崎宗則がピンズドな球団は?


原辰徳 ドラフト抽選7回1勝6敗


中村紀洋さんがFacebook更新


【悲報】 西武、メヒアに単年1億円提示 残留しないかも


内川はいつまで3割打つんだよww


ソフトボール・大嶋、一軍初打席キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


鳥谷が.280に収束するとは何だったのか


【守備難】伊藤隼太、HRボールなのにフェンスに張り付く


マエケンFAで巨人入り密約説wwwwwwwwww


最強のプロ野球論

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote