本日MLBワールドシリーズの第一線が行われました。
 

 ポストシーズンが始まってから8連勝で勝ち残ってきたロイヤルズと、ポストシーズンここまでアウェイで26.1イニング連続無失点のメジャー記録を継続しているジャイアンツのエースバムガーナー。
 どちらの勢いが勝つか注目の一戦でした。


20141002-00000210-ism-000-1-view






【一回表ジ】
先制したのはジャイアンツ。
先頭打者のブランコがヒットで出塁すると、一死一三塁のチャンスをつくります。
迎えるはポストシーズン好調のサンドバル。





ライト線にツーベースを放ち、ジャイアンツが先制します。一塁走者のポージーもホームを狙いますが、タッチアウト。
そして続く二死二塁の場面で、5番のペンスがセンターへツーランホームラン。ジャイアンツが幸先よく3点を先制します。






【四回表ジ】
先頭打者のペンスが、初回のホームランに続きツーベースヒットで出塁。そこからモースのタイムリーなどで、ジャイアンツがさらに2点を追加します。






【七回表ジ】

ジャイアンツはさらにパニックのスリーベース、サンドバルのタイムリーで2点を追加。この試合7得点を記録します。


対するロイヤルズ打撃陣は、ジャイアンツのエースバムガーナーをとらえることができず、6回終わってわずか2安打。7回裏にペレスがソロホームランを放ち、バムガーナーのアウェイでの連続無失点記録を33回で止めるのが精一杯。
足が武器のチームでも出塁することができなければどうしようもありません。
青木選手もピッチャーライナー、好機で三振をするなど、きょうはいいとこなしでした。





明日の先発はロイヤルズはベンチュラ。肩の故障が不安視されていましたが、大丈夫なようで明日先発します。対するジャイアンツはピービー。
今日の試合はバムガーナーだからしょうがない、と割り切って明日以降の試合は勝利してほしいですね!!

あ







NPB歴代ノーヒットノーラン達成者


「メジャー撃つ!!」大田泰示メジャーリーガーとの対戦を前に気合十分


藤浪の二年目終了時がダルや田中、涌井より上の事実


前田健太、ポスティングによるメジャー移籍へ向け球団との話し合いへ


MLB 今オフの注目FA選手はこれだ!!注目の投手編


日本ハム・中田は涙「力のなさ感じた」


日ハム、ミランダとカーターが戦力外


田中賢介獲得へ、日ハムが交渉開始か


鳥谷って今年メジャー行かなくて良かったよな


元楽天マギー、米カムバック賞受賞「日本から戻ってくるつもりはなかった」


パワプロでペナントやるやつwwwwwwww


【野球】東尾修氏「今の西武はフロントも選手も意識のレベルが低い」


日本ハム・大谷 選手食堂で終戦「いい勉強になりました」


今オフにありそうなトレードを考える



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote