2012年に三冠王を獲得し、ここ2年連続のア・リーグMVPを獲得している、デトロイトタイガースのミゲル・カブレラが、現地時間水曜日に手術を受けていたことがわかりました。


 記事の要約という形で一部を翻訳させていただきます。

こちら翻訳元です。

http://bleacherreport.com/articles/2243263-miguel-cabrera-injury-updates-on-tigers-stars-ankle-and-recovery


11








 現在2度のアメリカン・リーグMVPを獲得しているミゲル・カブレラは、2014年のシーズンは怪我によって思い通りのプレーをすることはできませんでした。そしてこのデトロイト・タイガースのスラッガーは水曜日に手術を受けました。
 チームの公式Twitterによると、手術は右足首に集中しました。そして彼は来年の1月に復帰する予定です。
 

 2014年は3試合しか欠場していないため、31歳の将来の殿堂入り候補の彼に、ファンは疑問を抱きませんでした。


 彼は今シーズン打率.313、25本塁打、109打点というすごい成績を残しました。しかし彼は2012シーズンは打率.330、44本塁打、137打点の成績を残し、三冠王に輝きました。


 ミゲルカブレラは3度目のMVPを獲得する可能性も残しています。しかし、この手術を受けることは、2015年に彼を最高の状態に戻す可能性を高めます。


 彼はスピードと機敏さで有名な選手ではありませんが、より健康な足首は彼のプレーを助けることは疑いようもないことです。


 タイガースが彼を来シーズンどのように起用するのかが楽しみです。指名打者で起用することも賢い方法の一つかもしれません。


 彼が野球において全てを達成したというにはまだまだ彼は若いです。そのためデトロイトは彼の選手生活を少しでも伸ばすためにできることを、考え行っていく必要があります。


ミゲル・カブレラ(31歳、実働12年)

通算打率.320、390本塁打、1396打点、出塁率.396、長打率.564 

 彼のシーズン別の成績を見ていただくとわかりますが、デビュー以来、驚異的なペースで成績を残しています。
 デビュー初年度の80試合しか出場していないシーズンを除くと、OPSが最低の数字でも2年目の878です。

 獲得したタイトルも、三冠王1回、首位打者3回、本塁打王2回、打点王2回、MVP2回、シルバースラッガー賞5回、オールスター選出8回の成績を残しています。

 殿堂入りの基準の500本塁打まで残り110本。大きな怪我さえなければ達成は間違いないでしょう。

ミゲル・カブレラ

一部翻訳ミスを訂正いたしました。





スワローズ流必勝戦略


城島健司さんの幸せな隠居生活wwwwww


第1回 マリアノ・リベラ賞受賞者決定!!トレバー・ホフマン賞も


大谷翔平の1年目と2年目の成績比較wwwwwww


金子千尋、米国移籍の際はテレム氏と代理人契約を結ぶことが濃厚に


川崎宗則、サンデーモーニングに出演wwwwww


金子千尋、WSを観戦。メジャーの空気を確認



田中将大「ダイジョーブ博士の成功率を上げてほしい」


パワプロ2014の走力ランキングwwwwwwwwww


【悲報】清原和博、パワプロ2014のOB選手に収録されない


盗塁王・西川の肉体wwwwwwwwwwww


パワプロ2014アプデ後の山田wwwwww


いままでの「クソ指名」から大成した選手


スタンリッジ「僕に野次飛ばす阪神ファンはいない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote