今シーズンポスティングでの移籍が注目される前田健太、金子千尋の両投手。


 前田健太選手の今シーズンのメジャー挑戦は難しいと思われますが、レッドソックス地元紙が前田と金子に興味を示しました。


 記事を翻訳してご紹介いたします。


金子 前田








翻訳元(ページ中断やや上)

http://www.bostonglobe.com/sports/2014/10/25/jon-hart-andrew-friedman-have-new-challenges-new-jobs/VDdE9s6NjqhKZkq61e3r1L/story.html


 もしレッドソックスが日本市場に再び手を出したいと考えた場合、彼らには前田健太と金子千尋の2人のトップ先発投手がいる。
 レッドソックスの環太平洋スカウトは両投手を広範囲に見ており、アラード・ベアード副社長もすでに双方を見ている。


 レッドソックスは彼らを2~3番手の投手として両投手を考えているようだ。
 前田と金子を所属球団の広島東洋カープとオリックス・バッファローズは2500万ドルの移籍金で、ポスティング移籍させるこに同意しないかもしれない。


no title


 30歳の金子千尋は、MLBの野球をチェックするため、ワールドシリーズの観戦をした。26歳の前田は、日本メディアにヤンキースかレッドソックスに移籍をしたいといった。


 前田は、2013年に24勝0敗の記録を残した田中将大に比べて平凡な選手であるが、離脱せずにローテーションを守った。


21


 7年1億5000万ドルの契約をしたヤンキースの田中は、嵐のようなスタートで、一時11勝1敗の成績を残したが、シーズン後半は右肘の故障で投げられなかった。
 田中はトミージョン手術を受けないことを決めたが、今シーズン最終登板のレッドソックス戦はあまりよくないように見えた。


23


 金子は今シーズン184イニングを投げ、防御率は1.91、許したホームランはわずか7本だった。彼は9年間日本で投げたが、田中の故障の後、現在MLBの各チームは警戒心を持っています。


金子千尋


 日本人ピッチャーは疲労の多いMLBの日程にストレスを感じているという証明がいくつかある。彼らはより良い打者と向き合いつつ、日本の中7日に対し、中5日で投げているのもあるだろう。


 レッドソックスは、彼らが松坂大輔によってダメージを受けたのを常に気にしていた。その時レッドソックスは6年5200万ドルの契約を結んだ。松坂は最初の2シーズンに33勝をしたが、その後は早々に離脱してしまいまった。


27




 レッドソックスはリリーフの田沢純一での成功がある。彼は当初スターターでの契約だった。
 しかし彼は移籍後すぐにトミージョン手術をし、リリーフに転向しました。そして再び彼は先発での起用を希望しています。しかしレッドソックスは若いスターターの投手を保有しています。


24






スワローズ流必勝戦略


城島健司さんの幸せな隠居生活wwwwww


第1回 マリアノ・リベラ賞受賞者決定!!トレバー・ホフマン賞も


大谷翔平の1年目と2年目の成績比較wwwwwww


金子千尋、米国移籍の際はテレム氏と代理人契約を結ぶことが濃厚に


川崎宗則、サンデーモーニングに出演wwwwww


金子千尋、WSを観戦。メジャーの空気を確認


田中将大「ダイジョーブ博士の成功率を上げてほしい」


パワプロ2014の走力ランキングwwwwwwwwww


【悲報】清原和博、パワプロ2014のOB選手に収録されない


盗塁王・西川の肉体wwwwwwwwwwww


パワプロ2014アプデ後の山田wwwwww


いままでの「クソ指名」から大成した選手


スタンリッジ「僕に野次飛ばす阪神ファンはいない」



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote