本日ワールドシリーズ第7戦が行われます。
 現在3勝3敗のタイで両チームがワールドチャンピオンに王手をかけています。


 共に絶対に負けられない一戦です。
 青木宣親選手が「2番・ライト」で先発出場をしています。


21








こちらで無料視聴できます

http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/


スターティング・ラインナップ

ロイヤルズ

1.遊 アルシデス・エスコバー
2.右 青木宣親
3.中 ロレンゾ・ケーン
4.一 エリク・ホズマー
5.指 ビリー・バトラー
6.左 アレックス・ゴードン
7.捕 サルバドール・ペレス
8.三 マイク・ムスタカス
9.二 オマー・インファンテ
  投 ヨーダノ・ベンチュラ


ジャイアンツ

1.中 グレゴー・ブランコ
2.二 ジョー・パニック
3.捕 バスター・ポージー
4.三 パブロ・サンドバル
5.右 ハンター・ペンス
6.指 マイク・モース
7.遊 ブランドン・クロフォード
8.左 フアン・ペレス
  投 ジェイク・ピービー


先発は、ロイヤルズがジェレミー・ガスリー、ジャイアンツがティム・ハドソンになっています。



【一回表ジ】
ムスタカスのファインプレーなどでガスリーは三者凡退におさえます。


【二回表ジ】

無死満塁からモース・クロフォードが連続犠牲フライを放ち、2点先制。



【二回裏ロ】
先頭のバトラーがヒットで出塁。
続くゴードンが右中間にタイムリーツーベース。バトラー激走で1点先制します。

続くペレスが死球、外野フライの間に一死一三塁。インファンテが犠牲フライを放ち、すぐさまロイヤルズが同点に追いつきます。

その後も続き二死一二塁の場面でバッターは青木。ピッチャーはアッフェルトに替わります。高いバウンドの打球になり、内野安打かと思われましたが、ちょうど二塁ベースの目の前に飛び、とってそのままアウト。
2-2の同点でこの回を終えます。



【三回表ジ】

ガスリーは立ち直り、三振を2つ奪うなど好投を見せます。



【三回裏ロ】
先頭のケーンがヒットで出塁。続くホズマーがセンター前に抜けそうな打球を打ちますが、ジャイアンツのセカンド、ルーキーのパニックがファインプレー。
一度はセーフと判定された打者のホズマーですが、チャレンジの結果アウトで、ダブルプレーとなります。



【4回表ジ】
先頭のサンドバル、ペンスが連続ヒット、ペンスの外野フライの間に一死一三塁。
ここでピッチャーがヘレラに交代し、迎えるバッターは7番モース。
バットを折りながらもライト前タイムリーを放ちジャイアンツが勝ち越します。


続きの記事を作成いたしましたので、続きはそちらでご覧ください。

ワールドシリーズ最終戦はジャイアンツ1点リードで後半戦へ。バムガーナーがマウンドに。





松井秀喜 ワールドシリーズ



1999年の上原浩治wwwwwww


ロイヤルズ、打線爆発で逆王手!!青木宣親もタイムリー!!


清原に比べて山崎武の引退後の立ち回りの上手さは異常


現NPB最高の直球の持ち主って


藤田太陽さん、解説者に苦言



いままでの「クソ指名」から大成した選手


ヤクルト石川雅規みたいなタイプがメジャー行くと


パワプロ10のカイザースwwwwww


ワイ将栄冠でぐう強い選手完成


全盛期アライバがいた頃の中日wwww


巨人・村田「ドラ1はナカムラ君だっけ? あ、オカモト君か」


ほら、もう去年のパ・リーグHR王と打点王の名前忘れただろ?


日本プロ野球史上、最も嫌われた選手って誰?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote