レッドソックスなどで活躍し、ワールドチャンピオンにも輝いたケビン・ユーキリス。


 日本の楽天でもプレーしましたが、引退を発表しました。
 記事を翻訳してご紹介いたします。


ユーキリス








 2004年と2007年にボストンレッドソックスで、2つのワールドシリーズ制覇を経験したケビン・ユーキリスが、10年間のキャリアを終えることを決めました。


 彼の全盛期は最高の野球選手の一人でしたが、彼のキャリアは怪我により一気に落ちました。
 彼は2011年に120試合で打率.258、出塁率.373、長打率.459の成績を残しました。しかし翌年、怪我の影響で、レッドソックスとホワイトソックスでの2チームで打率.235、出塁率.336、長打率.409に急落しました。


 2006年から2009年までのユーキリスのバッティングには風格がありました。
 85本の本塁打を放ち、打率.296、出塁率.393、長打率.498を残し、その間に6つのfangraphs(成績)でトップの数字を残しました。


 「Gammons daily」のジョン・リーは、彼を2008年シーズンのベスト5プレーヤーに選んだ点について言及しました。ユーキリスがチームメイトのペドロイア、ツインズのモーノーに次いでMVP投票3位になったことは驚くことではありません。彼は2009年にも6位に入りました。


 2012年の冬にヤンキースと契約した後、彼は復活のためのシーズンを過ごしていました。しかし28試合の出場の後、彼は背中の手術をし、シーズンを終えました。


 そのシーズンのオフにMLBに戻ることを視野に入れて、日本でのプレーを決めました。しかし残念ながら過去4年と同じように、足の怪我により5月にシーズンを終えました


 ユーキリス「日本でのプレーは素晴らしいものになりました。それは私たち家族にとってもです。私の娘はインターナショナルスクールに行って若干の日本語を学びました。しかしそれをちゃんと学んだといえるまで、私の足は持ってくれませんでした」


 彼の長きにわたる怪我は、35歳の選手が、若い選手とプレーを続けるのを不可能にしました。彼がもうプレーを続けない理由に家族を上げました。異国で家族が過ごすことは難しいことです。


 彼が全盛期でプレーしていたころは、彼を超える打者はほとんどいませんでした。
 25歳までMLBの舞台にはたてません出したが、2007年にはワールドチャンピオンに輝いたチームの中軸で彼はキャリアを積みました。


 彼にはやる気があるのにも関わらず、怪我が彼のキャリアを終わらせるのは本当に残念です。
 彼の打撃技術、パワー、カウントを稼ぐ能力は、独特で特別な才能でした。



翻訳元です

http://bleacherreport.com/articles/2250629-kevin-youkilis-announces-retirement-after-10-year-mlb-career





日本シリーズを制した25人の名将


一番「メジャー行くんじゃなかった…」って思った選手


柳田悠岐ってメジャー挑戦せえへんの?


球審白井「(西岡は)明らかに邪魔してやろうという意図があった。」


オリックス、糸井嘉男MLB断念か、残留へ


バムガーナー、勝利星が消滅、WS初の5イニングセーブ


解説がなんの変化球か一瞬で分かる理由www


ジョンドリュー・アーンズwwwww


【悲報】中日吉川、戦力外


巨人完全終了


バース.389wwwwwwwwwwww


中日育成1位の佐藤、入団拒否かwwwwwwww


パワプロ2014で能力Sを3つ以上持った選手


2014年守備範囲ランキグンwwwwwwww



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote