MLBの今シーズン新人王最終候補が発表されていますのでご紹介いたします。

ホセ・アブレイユ








【新人王最終候補】

アメリカン・リーグ
 
ホセ・アブレイユ ホワイトソックス 一塁手
 
145試合  打率.317  本塁打36  打点107 出塁率.383 長打率.581 rWAR5.5  fWAR5.3

 開幕直後から打撃爆発。4月に10本塁打、31打点のMLB新人記録を達成。
 シーズン後半は本塁打のペースは落ちましたが、打率は.350とスタイルチェンジ。MLB1年目で、3割30本100打点を達成しました。


ホセ・アブレイユ



デリン・ベタンセス ヤンキース リリーフ投手
 
70試合 5勝0敗1セーブ 90投球回 防御率1.40  奪三振135 rWAR3.7  fWAR3.2

 ロバートソンと共に、ヤンキースのリリーフ陣を支えました。
 シーズン135奪三振は、あのリベラをも超える球団新記録。移籍が噂されるロバートソンに替わり、来シーズンはクローザーを務めるかもしれません。

ベタンセス



マット・シューメーカー エンゼルス 先発投手

27試合 16勝4敗 136投球回 防御率3.04 奪三振124 rWAR2.5 fWAR2.1

 開幕時点では全く注目されませていませんでした。
 しかし8月には、6勝1敗、防御率1.31の成績を残し、月間優秀新人、月間優秀投手賞を獲得。シーズン通算でも、新人両リーグ最多&球団新記録の16勝を達成しました。

マット・シューメイカー




ナショナル・リーグ
 
ジェイコブ・デグローム メッツ 先発投手

22試合 9勝6敗 140.1投球回 防御率2.69 奪三振144 rWAR3.1 fWAR3.0

 規定投球回には満たなかったものの、9月15日の登板では、先頭から8者連続三振のMLBタイ記録を達成。球団新記録の28イニング連続自責点0など、印象面では一歩リード。

ジェイコブ・デグロム



ビリー・ハミルトン レッズ 外野手

152試合 打率.250 本塁打6 打点48 56盗塁 出塁率.292 長打率.355 rWAR2.5  fWAR3.5

 105年ぶりに盗塁数で球団新人記録を更新。現地紙で「走塁部門」で監督投票1位を取るなど、MLB最高のスピードスター。
 しかし、盗塁死はリーグ最多、出塁率も.292と来シーズンに向け課題も残しました。

ビリー・ハミルトン



コルテン・ウォン カージナルス 二塁手

113試合 打率.249 本塁打12 打点42 20盗塁 出塁率.292 長打率.388 rWAR2.2  fWAR2.0

 彼は昨シーズンのワールドシリーズで、上原が牽制でゲームを締めたときに刺された走者です。
 悔しい思いを持って挑んだ今シーズンは、不振や怪我で離脱を余儀なくされますが、それぞれ復帰後に活躍。チーム最多の20盗塁を記録、守備でも活躍します。
 来シーズンフルで出場し、活躍が期待されます。

コルテン・ウォン



 ア・リーグは今年新人の活躍が目立ちましたが、今シーズンはアブレイユでほぼ決まりでしょう。
 ナ・リーグは結果を開けてみないとわからないという感じでしょうか。個人的にはデグローム押しです。




誤表記修正いたしました。ありがとうございました。



プロ野球問題だらけの12球団


青木宣親、年俸4倍増でレンジャーズ移籍もwwwwww


MLB ゴールドグラブ賞発表!!


中田翔、全く成長していない


元広島所属、ヤンキースのソリアーノが引退表明


ソフトB大隣に感動査定!日本一の原動力


アメトーークで大谷翔平芸人wwwwwwww


【急募】西村健太郎さんを引き取る球団


山本昌 来季50歳「9割方引退」現状維持4000万


【プロスピ】全盛期ユークAJで楽天をペナント1年回してみた


【野球】キューバ若手が続々亡命 ベテランに大金積む日本球界の悪癖



【悲報】ニューヨーク・ヤンキース、大物FAとらない


オ・スンファン「年内に直ぐに日本に戻るやで~」wwwwwwww


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote