本日、日米野球第2戦が行われます。
 先発投手は日本代表が金子千尋、MLB選抜が岩隈久志の日本人対決になっています。


 京セラでの第1戦は、日本代表の完封勝ちになりました。
 親善試合とは言っても、流石に連敗は選手としてのプライドが許さないでしょう。気合を入れてくることが予想されます。


岩隈 金子







MLBスターティングオーダー

1(左)ゾブリスト
2(二)アルトゥーベ
3(指)カノー
4(三)ロンゴリア
5(一)モーノー
6(捕)ペレス
7(右)プイグ
8(中)ファウラー
9(遊)エスコバル
投手・岩隈


日本代表先発オーダー

1(中)柳田
2(二)菊池
3(右)糸井
4(左)中田
5(指)内川
6(遊)坂本
7(三)松田
8(一)銀次
9(捕)伊藤
投手・金子

試合実況をしていきます。


【一回表・日】
先頭の柳田は空振り三振。これで日米野球5打席中無安打3三振。
2番・菊池が左ヒットで出塁するも、糸井、中田が倒れ無得点で終えます。



【一回裏・MLB】
金子はMLB挑戦に向け、いいピッチングをしたいところ。
先頭のゾブリストを空三振、アルトゥーベを投ゴロ、カノーを二ゴロに打ち取ります。



【二回表・日】
先頭の内川は中フライ、坂本は空三振。
二死から松田が左ヒットを放ちます。続く初スタメンの銀次が中ヒットを放ち、二死一三塁のチャンス。

9番の伊藤がタイムリーヒットを放ち、先制点をあげます。
さらに1番・柳田が、シリーズ初ヒットとなるタイムリースリーベースで、日本代表が3点を先制します。
続く菊池は空三振に打ち取り、この回は3失点で終えます。



【二回裏・MLB】
金子の2イニング目。
先頭のロンゴリアが右ヒット。すると今季ナ・リーグ首位打者のモーノーがツーランホームランで、3-2と追い上げます。

続くペレスは投球をとらえますが、レフトライナー。
7番・プイグが四球、8番・ファウラーは空三振、9番・エスコバルは中フライで、3-2でこのイニングを終えます。



【三回表・日】
先頭の3番・糸井が捕邪フライ、4番の中田がシリーズ初ヒットになる中ヒットで出塁。
しかし、続く5番・内川が遊併殺で、この回無得点。



【三回裏・MLB】
先頭の1番・ゾブリストがライト線へスリーベースヒット。
続く今季ア・リーグ首位打者のアルトゥーベが、三ゴロの間にMLBチームが同点に追いつきます。
続く3番・カノーは一ゴロ、ロンゴリアは空三振で終えます。


続きの記事です

日米野球・第2戦 柳田・菊池が勝ち越しタイムリー!!





前田智徳 天才の証明


中日、1年契約で金子千尋獲得へ?来オフポスティング容認


日米野球メジャー不参加リストwwwwwwwwww


キャッシュマンGM「JAPANノセカンドヲ緊急調査ダ!」


阪神のオ・スンファン投手、来季後はメジャーへ


則本と藤浪のコミュ力がおかしい


キム・グァンヒョン(26)2.3億でパドレスにポスティング移籍


カーショウ、クルーバーがサイヤング賞獲得!!ヘルナンデス惜しくも逃す・・・


西武の牧田とかいう投手wwwwwwww


孫正義「このカノって選手いいな……」


【悲報】大谷、やっぱり畜生


ワイが就職面接で実際に言われた発言で打順組んだったwww


【巨人】11年間未勝利の須永英輝さん20万円アップの560万円で契約更改


糸井「西武のおにぎり君すごいよな」


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote