現在、日米野球第5戦が行われており、7回終わってMLBチームが5-1とリードしています。

 点数推移を少し解説させていただきます。


mono-








【1回裏・MLB】
先制したのはMLBチーム。
先発の阪神の藤浪から、今日初めて2番に入ったプイーグが一死から左中間にツーベースヒット。
続くモーノーが一塁線にタイムリーツーベースヒットを放ち、1点を先制します。



【2回表・日】
しかし日本代表もすぐさま追いつきます。
先発のカプアーノの2球目を、5番に入った松田がとらえセンターへツーベースヒット。
続く筒香がレフト線にタイムリーツーベースを放ち、日本代表はすぐさま同点に追いつきます。



【3回裏・MLB】
勝ち越し点を先にを決めたのはMLBチーム。
一死から怪我で離脱したカノーに替わり出場のアルトゥーベが右ヒットで出塁。続くプイグも二打席連続のツーベースで、一死二三塁のチャンスでバッターは、今季、ナ・リーグ首位打者のモーノー。

粘りに粘った9球目を、ライトスタンドにシリーズ2本目の勝ち越しスリーランホームランを放ちます。

mono-



【6回裏・MLB】
モーノーの勝ち越し弾以降は、両チームランナーは出すものの得点はあげられていませんでした。
しかし、この回先頭の4番のロンゴリアが右中間にソロホームランを放ち、追加点を上げ、5-1とリードして、この回を終えます。



【7回表・日】
何とか反撃したい日本代表。
二死から丸、坂本が連続ヒットで、二死一二塁のチャンスを作ります。
迎えるは今シリーズ守備で見せる、広島の菊池。しかし、この場面ではセンターフライに終わり、得点を挙げることはできません。



【8回裏・MLB】
この回のマウンドには、7回から登板していた武田が続投。
一死から、ヒットと四球二つで、満塁のチャンスを作ります。

迎えるバッターは、8番のヌネス。
セカンドゴロの間に、MLBチームが一点を追加します。


【9回表・日】
先頭の糸井は捕邪フライ。
続く丸は三球三振。
最後の坂本は三振でゲームセット。


MLB選抜が、6-1でシリーズ初勝利をあげました。






バントをするなホームランを狙え


日本代表がノーヒットノーランでMLB代表に勝利!!


柳田悠岐のバット投げがMLB公式サイトでいじられるwwwwwwww


DeNA、ブランコ退団が決定的に・・・代役に巨人退団濃厚ロペス


カーショウ(26) サイヤング賞すでに3回獲得


アルトゥーベの遊撃守備成績wwwwwww


斉藤和巳とダルビッシュってどっちが凄かったの?


小林誠司、伊藤光という顔が奇跡的に無事な侍捕手


イチロー、ダイヤモンドバックスに決まりそう!?


岩隈、田中、則本を輩出した球団wwwwww


【朗報】ガスリー日本人だった


巨人・吉川大幾、入団会見でズボンチャック全開wwwwwwwwww


故障がちな天才ってかっこいいよな


【悲報】26歳柳田より20歳の大谷・藤浪のほうがコメントがうまい



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote