今シーズンポストシリーズでも活躍し、FAとなっていたロイヤルズの指名打者のビリー・バトラーが、アスレチックスと契約をしたと発表されました。


 年俸総額は3年3000万ドル(35億2000万円)。
 今シーズンセスペデスを放出して、レスターを補強しました。しかし、最終的にはセスペデスの放出が響いたのか、ワイルドカードに回ることになり、ワイルドカードではロイヤルズに敗れました。
 アスレチックスとしては、効果的な補強となったでしょう(少し高いですが)。


 MLB公式サイトの記事を翻訳してご紹介いたします。


バトラー







翻訳元

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141119-00000211-mlbjp-base


 アスレチックスは、FAになっていた指名打者のビリー・バトラーと、3年3000万ドルの契約を結んだと、関係者がMLB公式サイトに話しました。


20

 
 アスレチックスは、レッドソックスにセスペデスをトレードしたのち、右打ちのパワーヒッターを探していました。そしてバトラーは指名打者としてフル出場した実績を持っています。


セスペデス


 バトラーが一塁を守る際は、同じ一塁手のブランドン・モスと相手投手との相性次第で、平行して起用されると予想されます。


モス


 彼はキャリアローとなった2014年でさえ、打率.271、出塁率.323を残しています。彼は打率.313、29本塁打、107打点を残して(2012年)以来、2年間オールスターに出場していません。


 彼はまだ29歳で、再びそのような成績を残すのに十分な若さです。
 アスレチックスは、今シーズンの後半戦に思い切った補強をしたにも関わらず、彼の補強について少しも否定しません。


レスター

 
 今シーズンのアスレチックスは、ロイヤルズとワイルドカードゲームで対戦をしました。そしてバトラーは延長回での決勝タイムリーでロイヤルズの勝利に貢献しました。


 バトラーは右投手に対して打率.288、左投手に対して打率.314を含む、通算打率.295、出塁率.359、長打率.449の成績を残しています。ロイヤルズは2004年にドラフト1巡目で彼を指名しました。


 アスレチックスは、今シーズン多くの左腕と対戦しました。そして最悪の打率.239を記録しました。さらに今シーズンは16人が指名打者で出場し、通算のOPSは.639となっており、それはア・リーグで14位の成績です。


 もしバトラーの契約が3年、各年1000万ドルの契約ならば、2015年は各年1100万ドルのカズミアー、クリスプに次ぐチーム3位の年俸になるでしょう。







プロ野球10大「名プレー」


ジャンクスポーツ「MLBスペシャル」放送決定!!


MLBでイケメン扱いの日本人wwwwwwwwww


SB、金子千尋に単年7億4年総額軽く30億オーバー


上原浩治さん、巨人阪神OB戦に呼ばれずひがむ


チャップマンのストレート、HOP-UPしていた!? ※動画あり



MLB「なぜ日本人打者はみんな足を上げるんだ?」


メジャーリーガーがヒマワリの種を食べる理由www



【悲報】山本昌の最年長出場記録、無効だった


“ケンケン”松田がMLB軍の人気ナンバーワン選手に


栄冠ナインクソゲーすぎワロタwwwwwwwwwwww


山田哲人のコミュ力wwwwwww


【日ハム】なぜ鵜久森は11年も生き残っているのか?


村田修一の意味の無いホームランwwwwwwwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote