ダル 右肘異常なし 12月上旬から投球練習再開へ

 レンジャーズは日本時間26日、右肘の炎症で8月13日に故障者リスト入りしていたダルビッシュ有が、12月上旬から投球練習を再開すると発表した。

 同日に本拠地アーリントンでMRI検査を受け、チームドクターが異常がないことを確認。検査結果次第では今オフの補強に影響を及ぼ す可能性もあっただけに、ジョン・ダニエルズGMは「非常に明るいニュースだ」と喜んだ。既に日本でもリハビリメニューをこなしていたが、今後はDL入り 後初となる投球練習再開に備えて米国に数週間滞在する予定。来年2月21日に予定されるバッテリー組のキャンプインに向けて調整を進めていくことになる。

 また、地元紙は、5月下旬に首の椎間板手術を受けてシーズンの大半を棒に振った主砲フィルダーも来季の復帰へ調整を進めていると報道。今季は故障者が続出してア・リーグ西地区最下位に沈んだダニエルズGMは「ダルビッシュや他の鍵になる選手が復帰に向けて計画通りに進んでいることは素晴らしい」と安心していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141127-00000056-spnannex-base

26






ダルビッシュ有 レンジャース 3年目

22試合 144.1投球回 防御率3.06 10勝7敗 奪三振182 四死球52 WHIP1.26  rWAR3.2  fWAR4.1

10


 今シーズンは、まさかの最下位で終わったレンジャーズ。
 主な原因は間違いなく故障者の多さで、今シーズンは64選手を起用しました。昨オフに契約をしたP・フィールダー、C・シンスがともに離脱。両選手ともに契約がまだ6年残っているため、復活は必須。彼らの活躍具合が、これからの数年のレンジャーズの行方を占うといっても過言ではないでしょう。


レンジャーズ



 この両選手が復活することを前提に、来期の補強ポイントを考えてみると、内野は、P・フィールダー、R・オドール、A・ベルトレ、E・アンドラスで何とかなりそうです。


 問題は外野手。C・シンス、L・マーティン、A・リオスと、明らかに長打力不足。ショートでE・アンドラス、J・プロファーとポジションが被っているので、どちらかが放出されるかもしれません。


チュシンス



 主な獲得候補としては、今シーズンレンジャーズからオリオールズに移籍し本塁打王を獲得したN・クルーズ。ブルージェイズからFAとなったメルキー・カブレラなどでしょうか。


12



 また、先発投手も軸になる選手を、最低でも後一枚確保したいところ。
 エースにはダルビッシュ有がいるため、二番手~三番手クラスが補強ポイント。

 獲得FA候補としては、アスレチックスのJ・ハメルズ(10-11、ERA3.47、176.1IP)、パイレーツのF・リリアーノ(7-10、ERA3.38、162.1IP)、今シーズン不調で復活を期するカージナルスのJ・マスターソン(7-9、ERA5.88、128.2IP)などでしょうか。


リリアーノ



 できるならば、ブルペン陣も補強したいところですが、そもそもレンジャーズはC・シンス、P・フィールダー、E・アンドラスと、大型契約を3つも抱えています。


 正直FAで選手を獲得している余裕はあまりないように思えます。FAよりもトレードでの戦力強化を中心に進めていくと、GMも語っています。


 日本人としてはダルビッシュ有が所属しているため、何とか強くなってほしいものです。
 来シーズンに期待しましょう。






松井秀喜は名監督になれるのか


川崎宗則にライバル出現!?ヌニェス「イチローはボクの男」


MLB最強オーダーを考えてみた 2014WAR基準


知事「黒田博樹は獲らないの?」 市長「優勝してよ」


ダルビッシュって真面目にNPB史上最強投手だよな


何で松井秀喜って巨人の監督引き受けないんだ?


ヤンキースFA獲得にことごとく失敗wwwwwwwww


黒田博樹の移籍が噂されるのドジャース「H・ラミレスの抜けたショートは?」


福留「あきれた」 3億8000万円保留


【悲報】巨人グリエル獲得へ。


【朗報】栄冠ナインで斎藤佑樹さんがうちに入学してきたンゴ


ノゴロー「海堂のテスト受からなかったから香取と唐沢誘って三船高校に進学するンゴ」


ホークスドラ1の松本に背番号「66」用意wwwwww


ロッテ“イケメンすぎる捕手”ドラ4寺嶋と契約 似ているのは藤原竜也、松岡修造…



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote