今シーズンまさかの2年連続プレーオフ進出を逃したヤンキース。そんな中チームのブルペンを支えたデビッド・ロバートソンが、今オフFAになっています。


 彼に関する情報はいくつも挙がっていますが、今回は「アストロズへの移籍」の可能性について言及された記事を翻訳してご紹介いたします。

ロバートソン







翻訳元:http://m.mlb.com/news/article/103414178/richard-justice-david-robertson-would-be-exactly-what-astros-need-as-closer-leader

 デビッド・ロバートソンはアストロズの補強ポイントにあっているが、それが実現するのは難しいかもしれない。


 ヤンキースからアストロズへ移籍することは普通の変化ではなく、劇的な変化である。アストロズの来期は、最高のシーズンになる可能性があり、今岐路に立っている。





 ロバートソンもアストロズが岐路に立っていることを確信しているかもしれない。実際にアストロズは来期結果を残す可能性はあるが、その保証はどこにもない。チームが年平均104敗をしていたころに、希望の兆しを見ることは難しいだろう。


 しかし、今は見ることができる。
 アストロズは3年前、チーム再建に向けて動くことを決めた。彼らは、落ち目の高齢選手と非凡なマイナーリーグシステムに問題があると考えた。


 その後、アストロズはファーム制度を補充させる決断をした。それをいったん決断し、それを行動に移すことができたら、彼らには多くの時間とチャンスが与えられる。


 今ではその頃のファームの選手は、ほとんどメジャーにいる。2014年は19試合、昨年より勝ち星を増やした。彼らのファームシステムが導いた結果である。




(中略)


 ロバートソンはアストロズにフィットするだろう。アストロズへ移籍する場合は、彼に他のチームより余分にお金を支払うことが必要だ。しかしそれは問題ない。昨シーズンのローカルテレビからの放映料は0ドルでだったが、来シーズンは5700万ドルの支払いが入ることが決まっている。


 ロバートソンは、2014年MLB最悪の防御率4.80であったチームのブルペンを、劇的に変えてくれるだろう。今のチームの若手に、それを変えられるような選手もいない。
 アストロズにはロバートソンの前を投げるそこそこの投手はいるが、彼らには最後の3つのアウトを任せることはできない。


(中略)


 昨シーズン引退したリベラに代わりクローザーに入り、ヤンキースで44回中39回のセーブに成功する素晴らしい成績を残したロバートソン。
 ヤンキースの副社長とキャッシュマンGMは彼を大いに賞賛しているので、彼の引き留めに成功するかもしれない。






最強のメジャーリーガー―ベスト105人


メジャー通算156勝投手が日本移籍を希望


シアトルで.291 18本打った城島健司


ダルビッシュ有「確かに延々ですね、間違えてました」


青木宣親(33) .285 1本 43打点 17盗塁 OPS.710


メジャーリーガーが日本製のグラブを使ってると



川崎宗則、「スネークボール」披露 イチローと焼肉に言っても食べるだけwwww


日本でのイチローってどれくらい凄かったの


友永という身体能力の怪物wwwwwwwwww


マイライフの広島ンゴwww


タフィ・ローズ、ガイジン扱いに不満「史上最高年俸は佐々木じゃない」


2015 De筒香.298 32HR 110打点←これ


【マイライフ】岩鬼内野手、引退する


原監督「文句があるなら俺の成績を超えてから言え」


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote