先日のドジャースのトレードに続き、日本時間の昨晩大型トレードが実施されました。


 トレードされたのは、当初からトレードの噂があったボストン・レッドソックスのヨニエス・セスペデスと、デトロイトタイガースの先発右腕のリック・ポーセロです。


 今シーズンの成績などをご紹介します。


24








【レッドソックスに移籍】
リック・ポーセロ(26) 先発

32試合 15勝13敗 防御率3.43 204.2投球回 129奪三振

ポーセロ

↑↓

【タイガースに移籍】
ヨニエス・セスペデス(29) 外野手

152試合 打率.260 22本塁打 100打点 7盗塁 出塁率.301 長打率.450

12


アレックス・ウィルソン
(28)

18試合 1勝0敗 防御率1.91 28.1投球回 19奪三振

アレックス・ウィルソン

 先発投手を補強したいレッドソックスと、ハンターの抜けた外野のポジションとブルペンを強化したいタイガースの補強ポイントが上手くマッチした形になったようです。


 さらにレッドソックスは、2009年にボストンでプレーし、今季はカージナルスなどでプレーしたジャスティン・マスターソンの獲得を発表しました。


ジャスティン・マスターソン(29) 先発投手

28試合 7勝9敗 防御率5.88 128.2投球回 116奪三振

マスターソン

 これでレッドソックスは、C・バックホルツ、R・ポーセロ、J・マスターソン、W・マイリー(獲得濃厚)と先発陣の頭数は何とかそろった形でしょうか。


 ですが、なんとなく物足りない感じは否めません。やはりエース級の選手が一人欲しいですね。シャーザーやシールズの動向が気になるとことです。





プロ野球、伝説の表と裏(pr)


ドジャースが計12人が絡む大型補強wwwwww黒田の移籍はどうなる??


巨人、グリエルに2年8億wwww


レスターを逃したレッドソックス、トレードで元球宴サウスポー獲得!!




原「片岡は今年と同じようならレギュラー剥奪」


イチローの去就問題が長期化も「マーケットはホットではない」


マッカーシー移籍決定ヤンキースの先発崩壊


カブス、和田毅はトレードへ!?カブス先発陣まとめてみた


【マイライフ】水上二塁手、引退する


5年後の広島打線wwwwwwwwwwwww


ヤク山田哲人 と オリ駿太 ってすっかり活躍しているけど・・・


青道高校のセンバツ出場が・・・


松井秀喜がブサイクだったのに人気あった理由wwwwwwwwww


新井「広島ではたぶん試合に出ない」



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote