http://m.mlb.com/news/article/103355918/derek-jeters-walk-off-yankee-stadium-moment-earns-two-gibbys

 今シーズン限りでの現役を引退したデレク・ジーター。彼の引退試合が、現地アメリカで2つのGIBBY賞を受賞しました。少し古い記事になりますが、それに関する記事をご紹介いたします。


 短い記事になりますが、動画と共に引退時を振り返っていきます。


ジーター






 9月25日にブロンクスにいた人々は、デレク・ジーターのヤンキースタジアムでの最終打席を一生忘れることはないだろう。キャプテンのピンストライプとのお別れの瞬間は、GIBBY賞(様々な部門で最も輝いた選手やシーンをMLB.comでのファン投票によって決める賞)を受賞した。





 最後の遊撃守備の間、ジーターの目は涙で濡れていたが、9回裏の打席でその感情は喜びに変わった。トレードマークともいえるライト方向への流し打ちでヤンキースに6-5の勝利をもたらした。





 GIBBY賞の受賞者はMLBネットワークの生放送で発表され、この”2 Good to Be True”(「出来すぎ」という意味の”Too Good to Be True”にジーターの背番号2をかけたもの)のハイライトは、2014年の「最高の瞬間」賞と「サヨナラ」賞を受賞した。


 「ずっとやりたかったことができたよ。こういうことができる機会に恵まれる人はそう多くない。僕が夢見ていたより遥かに素晴らしい結果になった。僕は夢の中を生きたんだ。」とジーターは語った。


 ジーターはその日5打数2安打3打点1得点と活躍した。そして28日に行われた現役最終戦では、三回に三塁内野安打を放ち代走が送られた。観客席から惜しみない声援が送られる中、いま、そしてかつてのチームメイトから称えられベンチへ下がった。





 「自分でも信じられないよ。みんなは最後にホームランを打ちたいとか、ワールドシリーズで決勝打を打ちたいとか思うだろうけど、違うんだ。僕は折れたバットでタイムリーを打てればよかった。それで終わりでよかった。でもこういう終わり方も悪くないね。」とジーターは話した。










どんな球を投げたら打たれないか


黒田博樹、現役続行ならヤンキースとカープしかない


田中将大さんが気持ち悪い


内海4億、中島4億、マートン4億、AJ4億


中島裕之が叩かれて田中賢介が歓迎される風潮


楽天が獲得したギャビー・サンチェスwwwwwww ※本塁打動画あり


山田哲人さんの来季の成績予想


金子「オファーの額を釣り上げているわけでもない」


澤村が暴力事件起こしてたけど・・・


【悲報】ウィリー・モー・ペーニャさん、行き場がなくなる


中日英智コーチによる大島平田の評価


吉見一起(27) 190.2回 防御率1.65 18勝3敗 勝率.857 120奪三振 WHIP0.87 


凡田夏之介とか言うポスティングを悪用した選手


阪神三大事故「線犯西岡」「334」 あと一つは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote