先日、スティーブン・ストラスバーグ、デビット・プライス、ランス・リンの所属する各チームが、年俸調停を回避し、それぞれ1年契約を結びました。


 それぞれの契約内容をご紹介いたします。短い記事になりますが、ご了承ください。

プライス 1・18







デビッド・プライス(29) タイガース 1年1975万ドル(23.2億円)

34試合 15勝12敗 防御率3.26 248.1投球回 271奪三振 

プライス



スティーブン・ストラスバーグ(26) ナショナルズ 1年740万ドル(8.7億円)

34試合 14勝11敗 防御率3.14 215.0投球回 242奪三振

ストラスバーグ



ランス・リン
(27) カージナルス 3年2200万ドル(25.8億円)

33試合 15勝10敗 防御率2.74 203.2投球回 181奪三振


ランス・リン





↓回答募集中
「MLB現役最強のセカンドは誰??」カノー?アルトゥーベ?それとも・・・・・・・


全盛期イチローと阿部慎之介ならどっちがチームに欲しい?


田沢純一、1年契約で225万ドルwwwwwww


黒田博樹、10勝しても10敗する投手だった


海外の反応「川崎宗則はバティスタより価値がある」ブルージェイズとマイナー契約


「青木4億だけかよ・・・・」とか言われてるけど・・・・


あのモリーナが現役最強の座を奪われる!?「現役最強のキャッチャー」アンケート結果!!


【楽天】松井裕樹 3.80 4勝8敗←ふーん


【悲報】ダルビッシュ、ファンからダースと間違えられる


ハム大谷は「くそガキ」上沢暴露・・・仮面はがす



(三) 今岡 率.279 29本←ふーん


【悲報】巨人・岡本、何度注意されても座学で居眠り


ブルージェイズファン「この男を愛してる」



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote